スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餅つき 2009年11月1日

・10月11日に収穫したもち米で初めての餅つき。2升を3臼、もち米9キロ。あんころ餅、辛み餅(紅心大根と青首大根の2色)、草餅にした。

左:紅心大根、右:青首大根
IMGP0049_2.jpg

・東京方面から10人参加。
・餅つきの道具:石臼、杵、ホームかまど、直径30cmの釜/せいろ/ふた、3升用ふきん、米研ぎ用のざる。
・手順:もち米は前の晩に研いで水につけておく。釜で湯を湧かし沸騰したらもち米をせいろに入れて火が通るまで蒸す。20分位。火が通ったら臼にあけ、杵でざっと粒をつぶしたら搗く。20分位。適当にちぎって餡やたれに絡める。

搗き始めたところ
IMGP0045.jpg

できあがった草餅。つやがある。
IMGP0057.jpg

・餅をつく役、返す役を交代で体験、初めての人も多く、杵が餅でなく臼のふちに当たったり、それぞれパフォーマンスが独特で楽しかった。餅にちゃんと杵が当たるといい音がする。

CIMG5557.jpg

CIMG5559.jpg

CIMG5561.jpg

・もち米が水につけてあれば、蒸して搗くのは意外と簡単。搗き終わった餅を加工するところで人手が必要。
・搗きたてのお餅は歯ごたえよく、味よく、箸が止まらなかった。
・とにかく餅をつくというパフォーマンスが楽しいので、多くの人に体験してもらいたい。小さい子どもの餅つき会もやりたい。

初対面でも石臼を囲んで餅を搗けば話も弾み食欲も増す。
CIMG5565.jpg
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

山梨の天気

ogasahara

Author:ogasahara

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。