スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月5日日曜日 晴れ 葉菜播種

最低7度 最高17度
・信州日本みつばちの会の富永会長が八ヶ岳南麓の養蜂環境を巡回されるというので、末尾で同道。大泉、高根から明野に回り、最後に巣箱を置いている「新島」へ寄ってくださり、みつばちが棲むにはよい環境との見立て。全部で5カ所回ったが、よい場所とは見晴らしがよく、後背に落葉樹の疎林があり、地面は草や落ち葉で覆われており、風が抜けるところで人にとっても気持ちのよい所だった。会長さんは、巣分かれしたミツバチを「ひろう」と言っておられた。養蜂のためにつかまえるものと思っている自分は、ハチと対峙する姿勢がまちがっているように感じた。
・「新島」に葉菜の播種2回目。畝幅120センチ、4条。アブラナ科の間にちがう科の葉菜を播く。アブラナ科:小松菜、韓国の菜っ葉、ルッコラ、セルバチコ、水菜(京みぞれ)。キク科:チマサンチュ、大葉春菊。セリ科:キンサイ、三葉。アカザ科:ほうれんそう(おかめ)。
・「日本ミツバチの12ヶ月養蜂作業ノート」、印刷用にデータ入稿。PDFのJob Option: PDF/X-1a:2001。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

山梨の天気

ogasahara

Author:ogasahara

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。