スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年3月27日金曜日 雪のちくもり時々晴れ

最低2度 最高9度
・天然みつばちに営巣してもらうタテ型巣箱を原さんの指導で作成。雨よけにビニール傘をつけて去年ハチが営巣していたカントリーハウスの石垣の前に設置。天然の日本ミツバチが巣分かれして入るのを待ち受ける。

CIMG0496.jpg

ハチの入口(巣門)から内壁、天井にかけて、ハチが住みたくなるように蜜ロウを塗ってある。
CIMG0495.jpg

・午後、高根でヤンマーのメカニックを招いて農業機械の勉強会。
トラクター、刈り払い機、管理機で日常整備しておきたいポイント:
1. エンジンオイルの量と汚れ
2. 冷却水の量
3. エアクリーナのほこり
4. ウインカー、ブザーが動作するか
5. ワイヤが動作するか
6. オイルもれ

1カ月以上長期保管するときの注意事項
1. 燃料タンクを空か満タンにする。
2. 燃料コック閉める
3. キャブレタ内のガソリンも抜く
4. 掃除(ローターにからまった草なども取り除く)
5. 稼働部分に注油
6. 混合オイルは捨てる

刈り払い機の基本的な整備
1. 刃を留めている部分にグリースを切らさない(六角レンチでねじを外し注油)
2. エアクリーナーの掃除(ほこりを払う)
*アクセルを戻し、キャブレタ内のガソリンを燃焼させてからエンジンを切ると再始動がかかりやすい。
*「ジヅライザー」という緩衝パーツを取り付けると地際を刈る時に楽。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

山梨の天気

ogasahara

Author:ogasahara

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。