スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年3月27日火曜日 晴れ

最低-3度 最高14度
・種まき:
 ほうれんそう(ミンスターほうれん草)
 コールラビ
 春菊
 春京赤長水
 スイスチャード
 かぶ(福小町)
・北杜の若手農業者が無農薬米を合計200キロ持ち寄って、武の井酒造で焼酎にしてもらうプロジェクト進行中。
今日は午後5時からその武の井酒造の見学会。酵母を守るため納豆は朝から口にしないこと、汚れた靴と衣服はNG。

酒造りを担う武の井Bros。お兄さん(左)が清酒、弟(右)が米焼酎をそれぞれ担当。5~6人ですべての作業を司っている。
CIMG0506-2.jpg

麹を仕込む部屋。全体がいわば発酵槽で、温度管理ができるようになっている。右手の木製の台に蒸し米を広げ、麹をつける。切り返しの回数は麹の元気度によって増減する。温度が上がる度に切り返しをするから、仕込み期間中は夜中も作業がある。
CIMG0512-2.jpg

左側の緑のタンク(9000リットル以上入る)で日本酒を発酵させる。右手奥の銀色のタンクに焼酎プロジェクトが入っている。
CIMG0514-2.jpg

ぷつぷつと音を立てながら発酵している。
CIMG0515-2.jpg

清酒を蒸溜する設備。蒸溜した液体が焼酎となる。減圧式。
CIMG0516-2.jpg

戦前から使い続けている蒸溜機。圧力はかけずに蒸溜する。
CIMG0517-2.jpg
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

山梨の天気

ogasahara

Author:ogasahara

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。