スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年6月25日土曜日 くもり

最低22度 最高29度
・午後2時から4時半まで、須玉ふれあい館文化ホールで遺伝子組み換え作物つくらない運動の講演会。
基調講演 天笠啓祐さん「遺伝子組み換え作物・食品とは?何が問題?」
第二部 「現場からの報告」水稲、野菜、大豆、果樹、畜産、消費者各代表から遺伝子組み換えと私の切り口で報告。
農繁期の真っ最中、来場者は予想よりも少なく、天笠さんの目視によると120人。
30年以上も遺伝子組み換えを追いかけている天笠さんの講演は説得力があり、配布したレジメを3回読めばやめたほうがいいことは一目瞭然。日本は最大の遺伝子組み換え作物輸入国で、食用油として出回っている大豆、とうもろこし、菜種、ワタのほとんどが遺伝子組み換え。
・畜産は飼料の大半がすでに遺伝子組み換えになっていて、非遺伝子組み換え飼料にしても価格が高くなるため消費者に支持してもらえず、苦労が報われない状況になっている。
・消費者が買い支えることによって生産者は非遺伝子組み換えの安心・安全な食糧を供給できる。
・2013年のGMOフリーゾーン宣言全国大会を北杜市で開催することに決定。
*早朝、イヌの玄の散歩がてら畑の現状をチェックしたが、今週は気温が上がってどの作物も生長著しく、草も繁茂してジャングル化。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

山梨の天気

ogasahara

Author:ogasahara

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。