スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年3月1日 晴れ

最低-1度 最高12度
・養生。
スポンサーサイト

2012年3月2日金曜日 くもりのち雨

最低3度 最高6度
・養生。
*「原発と憲法9条」小出裕章、遊絲社刊。
日本が未だ原子力発電をあきらめない理由は、核兵器を造るという目的があるから。原爆の材料であるプルトニウムを得るために原子力発電所で生成される使用済み核燃料が必要。高性能な原爆製造のために核分裂性の高いプルトニウムを生成する高速増殖炉「もんじゅ」が必要。
*「福島の原発事故をめぐって」山本義隆、みすず書房刊。
1958年に原子力発電に向けてアクセルを踏んだのは、時の総理大臣で戦前に東条内閣のもとで商工相として戦時統制経済を指導した岸信介であり~略~この時点では原子力発電(原子炉建設)の真の狙いは、エネルギー需要に対処するというよりは、むしろ日本が核技術を有すること自体、すなわちその気になれば核兵器を作り出しうるという意味で核兵器の潜在的保有国に日本をすることに置かれていた。

2012年3月3日土曜日 晴れ

最低4度 最高13度
・床上げ。およそ3日間床に臥せると動かないから腰の筋肉が痛くて眠れなくなった。長患いで入院生活を送る人の肉体的苦痛を思う。
・10時から甲斐国分寺跡発掘調査説明会。笛吹市一宮町国分の現地で。要素は講堂、金堂、僧房、回廊、塔、中門で奈良東大寺をコンパクトにした感じ。

2012年3月4日日曜日 くもりのち晴れ、のち雨

最低3度 最高8度
・今日は一日集落の行事。
・厚芝公民館で10時から年に一度のお観音講。福性院ご住職による読経と法話。ここは北巨摩百観音霊場塩川筋18番札所で古くから聖観音をお祀りしていた。1番は増富の岩屋堂、27番は小田川の昌福寺、番外34番は穴観音の雲岸寺。

CIMG0469-2.jpg

・13時から公民館で厚芝集落年に一度の総会。平成24年度の行事、決算と予算、新役員発表といくつかの決め事について話し合い。自治の現場。
・放射能を解毒する作用のある野菜とそれらの出荷時期、さかのぼって播種日と場所の落とし込み。といっても毎年つくっているものがほとんどだが、モロヘイヤ、落花生、ケール、バジル、パセリ、しそなどは初めて、あるいは播くのはひさしぶり。

2012年3月5日月曜日 大雨

最低4度 最高8度
・5月から始める今年の明野朝市に県内・県外の人に来てもらうため、フライヤーを鉄平くんに作ってもらう。今日は原稿を整理してハンドオフ。2000枚作って141号、20号沿いのCVSに置いてもらうのと、高速のSAで配布。
・今週はいよいよ米麹を作る。マニュアルで製造プロセスの復習。麹菌という生きものが相手なので少し緊張する。
・久子さんが膝に注射をするので診療所へ送り迎え。

2012年3月6日火曜日 雨のち晴れ

最低5度 最高20度
・米麹づくりの準備:精米。米を広げるネット類の洗濯と日光消毒。
・米ぬかを畑に入れる。
・トマトの種まき用に土を盛って温床へ。
・宅配代金支払い記録MTUFJ分終了。

2012年3月7日水曜日 くもり

最低5度 最高15度
・苗用種まき:トマト(麗夏)400、なす(千両2号)200
・米麹仕込みの準備:米30キロ洗米、発酵槽の消毒。
・スナップエンドウ定植、ポット210コ。

CIMG0449.jpg

2012年3月8日木曜日 晴れのちくもり

最低7度 最高15度
・朝8時から味噌用米麹の仕込み。伊織くんに手伝ってもらった。
 8時 昨日から浸けておいた米30キロの水を切り、専用の袋に入れてから釜にセット。
    米を蒸かす釜に点火。
 9時5分 沸騰始まる 
 9時25分 ご飯が炊ける匂い。芯はまだ白く火が通っていない。
 9時30分 消火。米が透明になり芯はしっかりしているが火が通った状態。
    米をしゃもじで薄くそぐようにすくいながら冷却槽に移す。
    熱気を機械で吸い取りながら温度を40度台前半まで下げる。
    麹菌40グラムを米少量に混ぜてから全体に広げる。
    混ざったところで米を発酵槽に取り込む。
 10時 取り込み終了。品温36度。発酵槽の温度設定:ヒーター35度、ヒーター36度
 16時30分 品温33度。ヒーター40度、ファン36度
・次回麹づくりへの申し送り:
  1. 洗米は10キロずつ行なう。15キロだと多すぎてザルに入らない。
  2. 蒸かした米を冷まして麹をつける作業は、30キロ分を2回に分けてやったほうが効率的。
  いっぺんに冷却槽に移すと量が多すぎて温度が熱いところと冷えたところがまだらになるし、米に麹をまんべんなくつけるのがむずかしい。

・大根の畑の耕運2回目。キャベツ、ブロッコリ、レタスの定植用。
・にんじんの種まき。160平米。黒田五寸。条間30センチ、クリーンシーダのロールM、スプロケット13-11(10センチ間隔)

2012年3月9日金曜日 雨

最低5度 最高8度
・朝7時半、米麹の品温33度。天地返しをして塊をほぐし、米ひと粒ひと粒に麹菌がつくようにする。バットにぬるま湯を足す。所要時間45分。
・10時から甲府でパルシステム山梨の生産者・消費者交流集会。豆トラ倶楽部の一員として参加。組合員、生産者、生協職員がテーブルを囲んで疑問や要望を話し合う。お昼に提携生産者の食材によるおいしいお弁当が出た。
・2時半から米麹の2回目の天地返し。品温38度。
・夕方5時から、来年のGMOフリーゾーン全国大会in山梨の実行委員会打ち合わせ。山梨の人たちにGMOの問題について関心をもってもらうため、大会開催までに映画の上映と勉強会を開催、看板の設置などを話し合った。
・遺伝子組み換え作物をつくらない運動の、実行委員会結成について打ち合わせ。3月23日に顔合わせを。

2回目の天地返し前。
CIMG0450-2.jpg

CIMG0451-2.jpg

2012年3月10日土曜日 雨のちくもり

最低3度 最高8度
・朝8時から米麹の出麹(米に麹菌がついて発酵が終わった状態の麹を発酵槽から出すこと)。品温52度。一部から麹菌の胞子が出始めていた。順調。今回は伊織くんの応援があったので、温度が下がる前に取り込みが出来、塊も少なく麹がよくついた。
・米麹を広い台に移し、広げて冷ます。使い終わった発酵槽や器具は洗って乾かす。

<麹の温度変化>
蒸し器から冷却槽に移した時:52度
麹菌を混ぜる時:42度
混ぜ終わって発酵槽に移した時;36度
取り込みから
 6時間後:33度(ヒーター38度、ファン40度)
 21時間後:39度(ヒーター38度、ファン38度)
 28時間後:43度(ヒーター切る、ファン40度)
 45時間後(出麹):52度

・取り込みから45時間の温度と形状の変化はダイナミックで何度やってもおもしろい。今はセンサーで温度管理ができるが、電気がなかった昔はどうやって麹とつき合っていたのか。五感が研ぎすまされていたことだろう。
・確定申告のデータ作成。今回からようやく青色申告。

2012年3月11日日曜日 晴れ

最低3度 最高10度
・朝8時に明野を出発し、4人で小淵沢の4.3パレードに参加。小淵沢駅からスパティオまで歩く。12時に帰宅。

CIMG0453-2.jpg

CIMG0452-2.jpg

・午後2時46分、サイレンと共に黙祷。
・ほうれんそう、コリアンダー、ルーコラ、にんじんの収穫と発送。
・明日の味噌づくりのため、大豆30キロを洗って水に浸けた。
・確定申告書類作成。今回始めての青色申告。
*ひばりのさえずり。標高700メートル。

2012年3月12日月曜日 晴れ、強風

最低0度 最高7度
・朝8時から13時45分まで、味噌の仕込み。今日も伊織くんに応援を頼む。
大豆30キロ(ナカセンナリ)、塩12キロ(シママース、大豆の40%)、米麹30キロ。
理由は不明だが、圧力釜によって同じ時間加熱しても豆が柔らかくならない場合があり、今日も最後のひと釜は3回煮てようやくミンサーに移すことができた。
・強風に吹かれながら、重い釜や樽の移動や後片付けも含む長時間労働で体力を消耗。
・青色申告書類ようやく完成。
*つくしの芽生え。

2012年3月13日火曜日 晴れ

最低-1度 最高8度
・9時から10時半まで、豆トラ倶楽部の味噌の袋詰め作業、11人参加。JA高根支所安都那作業所で。
・春の葉菜の畑1.2反に発酵鶏糞450キロを撒いて耕す。
・ままファームさんと春野菜の定植談義。ついでに8月の明野朝市に銀座のナタラジカレーで出店してくれるよう頼む。

耕し終わったところ。前作は大豆。
CIMG0461-2.jpg

隣の畑の地主が長野のレタス農家に畑を貸したようだ。数日の間にマルチを敷いて定植まで終わっていた。
CIMG0460-2.jpg

2012年3月14日水曜日 晴れ

最低-3度 最高9度
・葉菜種まき:
 小松菜(黒葉小松菜)35m×6本、株間7cm
 ほうれんそう(デュアル)35m×6本、株間7cm
 かぶ(みやま小かぶ)35m×5本、株間7cm
 春京赤長水 35m×5本、株間7cm
 てごろ菜 35m×6本、株間12cm
 カイラン 35m×3本、株間11cm
 青梗菜 35m×6本、株間12cm
 春菊(中村系春菊)35m×6本、株間12cm
・野菜代金の回収をゆうちょ銀行の引き落としにするため、法人サービス部芦沢さんとデータの作成とアップロード、引き落とし結果の照会などについて話を聞く。5月開始、月末締め、翌25日引き落とし。
*キジの初鳴き。

水仙の開花ももうすぐ。
CIMG0463-2.jpg

2012年3月15日木曜日 晴れ、強風

最低-2度 最高11度
・昨日播いた葉菜の畝にパスライトを被せる。
・ネギの溝掘り。

CIMG0466-2.jpg

2012年3月16日金曜日 晴れ

最低-2度 最高11度
・レタスとキャベツの定植、各130コ。マルチを敷かずに(終わった後、片付けるのが苦痛だから)、レタスとキャベツを交互に植えた。条間、株間共に30センチ。パスライト被覆。草がどう出るか。
・片付け:冬のキャベツ、芽キャベツ、レタスの畝。
・ほうれんそう、芽キャベツ、キャベツ、にんじん、の収穫と発送。
・夕方4時から、増富で種継ぎされてきた在来きゅうりの栽培について話を聞いた。地這いで太め、身が柔らかく、皮と種を取り除いて漬物や煮食で食べる。
・ルバーブが株分けを待っている。

2012年3月17日土曜日 くもり/雨

最低4度 最高9度
・朝9時、高根町で果菜の鉢上げ用培土「ぐっ土」15袋引き取り。
・窪田さんから預かった農林61号の粉15キロをほうとうにしてくれるよう、藤原製麺に注文。手間賃1万円。米粉のうどんは粉10キロからOK。
・ルバーブの株分け。8株を15株に。

株分け前。地中に直径3センチを超える太い根が伸びている。
CIMG0472-2.jpg

・13時から明野総合会館で山梨種苗交換会。106種類もの種が出品され、盛会だった。

種のリスト。作物名、出品者、標高
CIMG0479-2.jpg

CIMG0478-2.jpg

CIMG0481.jpg

2012年3月18日日曜日 雨/くもり

最低6度 最高9度
・藤原製麺でほうとう受け取り。粉15キロで仕上がり20キロ。一番幅広のタイプ。ギャラで21袋もらい、関係者に配った。30袋は窪田さんへ。

迫力の400グラム。
CIMG0482-2.jpg

CIMG0483-2.jpg

・種まき:
 トマト2回目(麗夏200コ)
 なす2回目(千両120コ)
 ピーマン(京みどり80コ)
 ケール 128コ
 ルバーブ 96コ
 コリアンダー 32コ
 フェンネル 128コ
 パセリ 256コ
 広巾にら 128コ

2012年3月19日月曜日 晴れ、強風

最低-2度 最高13度
・ハンマーナイフを借りて冬の菜っ葉を粉砕。
CIMG0488-2.jpg

・ブロッコリ(ドシコ、ハイツ)の定植。結球レタス(ロックウェル)、リーフレタス(エルシー)と混作。

移植を待つ九条ねぎ。マルチはオオイヌノフグリ。
CIMG0487-2.jpg

2012年3月20日火曜日 晴れ

最低-1度 最高14度
・昨日ハンマーナイフで残渣を粉砕した畑に鶏糞210キロ、カキ殻石灰40キロを播いて耕した。
・ブロッコリとカリフラワーの定植の続き。条間40。昨日と合わせてブロッコリ240、カリフラワー120、レタス類360。

2012年3月21日水曜日 晴れ、強風

最低4度 最高14度
・強い風で午前中は机の仕事。
・じゃがいもの植え付け。男爵30キロ。
・窪田さんの田んぼに鹿除けネットを敷いた。

ネットを敷いたところ。鹿は右の斜面を下りてきて田を横切る。踏み跡が見える。何もしないと通われて、稲の穂を食べてしまう。
CIMG0494-2.jpg

柴焼きをした斜面にスミレが一斉に咲いた。
CIMG0493-2.jpg

2012年3月22日木曜日 晴れ、強風

最低-2度 最高16度
・きゅうり、いんげんの畑の準備。残渣の片付けとマルチ撤去。ついでに地主が誰か知らないが、道の脇のノイバラの実生を刈っておいた。
・物置の片付け。

2012年3月23日金曜日 雨

最低5度 最高10度
・朝、雨が降り出す前にほうれんそう、ルーコラ、小松菜を収穫して発送。
・播種:コラード ハイクロップ(不結球キャベツ) 128コ
・ゆうちょ引き落としサービスへの変更案内作成と宛名印刷98名分。
・明野朝市拡散方法について五味さんと打ち合わせ。

2012年3月24日土曜日 晴れ/くもり/雨、午後強風

最低4度 最高13度
・朝9時半から12時まで、八ヶ岳南麓日本みつばちの会の総会@いずみ活性化施設。
 ここ数年、八ヶ岳南麓の養蜂環境に大きな変化が生じ、ミツバチの逃去、分封群の弱小化などが多発している。平成24年度は強勢群の維持を念頭に、養蜂群を養うのに十分な蜜源の確保および、蜜源を脅かす移動養蜂(西洋ミツバチ)の阻止、分封数のコントロール(むやみに群れを増やさない)などを行なう。
・午後2時から4時まで、春風亭小朝の落語公演@須玉ふれあい館。満席。ざっと見た感じ地元須玉住民が多く来場、遺伝子組み換えの普及活動はやはり落語か?
・今日は気温と風の変化がめまぐるしく、温度管理のためハウスの苗を6回見に行った。
・ギシギシ掘り。アレチマツヨイグサ掘り。
*「脳科学からみた祈り」中野信子、潮出版社~「共に助け合ったからこそ生き延びてくることができた」そのことが人類共通の記憶として脳に刻み込まれているので、利他の行動が快感をもたらす。

明野朝市のシンボル、101番目の百名山、茅ヶ岳。
CIMG0500.jpg

2012年3月25日日曜日 晴れ、強風

最低1度 最高9度
・朝7時から青少年育成のための明野一斉清掃。
・定植:キャベツ390コ、レタス類(結球レタス、リーフレタス、ロメインレタス)390コ。株間30センチ、キャベツとレタスの交互植え。
・夜7時から東京の大学生たちと交流会。

2012年3月26日月曜日 晴れ、強風

最低-2度 最高7度
・残りのキャベツとレタス260コの定植。
・明野朝市のフライヤーを500枚プリント。今日はくじらぐもと7/11 一店舗に置いてもらった。
・午後1時から3時まで、GMOフリーゾーン全国交流集会 in 山梨実行委員会打ち合わせ。
・午後7時半から10時まで、北杜市に遺伝子組み換え作物をつくらない会 実行委員会打ち合わせ。自己紹介、GMOフリーゾーン看板の案内方法、対象をしぼった勉強会の開催などについて話し合い。

2012年3月27日火曜日 晴れ

最低-3度 最高14度
・種まき:
 ほうれんそう(ミンスターほうれん草)
 コールラビ
 春菊
 春京赤長水
 スイスチャード
 かぶ(福小町)
・北杜の若手農業者が無農薬米を合計200キロ持ち寄って、武の井酒造で焼酎にしてもらうプロジェクト進行中。
今日は午後5時からその武の井酒造の見学会。酵母を守るため納豆は朝から口にしないこと、汚れた靴と衣服はNG。

酒造りを担う武の井Bros。お兄さん(左)が清酒、弟(右)が米焼酎をそれぞれ担当。5~6人ですべての作業を司っている。
CIMG0506-2.jpg

麹を仕込む部屋。全体がいわば発酵槽で、温度管理ができるようになっている。右手の木製の台に蒸し米を広げ、麹をつける。切り返しの回数は麹の元気度によって増減する。温度が上がる度に切り返しをするから、仕込み期間中は夜中も作業がある。
CIMG0512-2.jpg

左側の緑のタンク(9000リットル以上入る)で日本酒を発酵させる。右手奥の銀色のタンクに焼酎プロジェクトが入っている。
CIMG0514-2.jpg

ぷつぷつと音を立てながら発酵している。
CIMG0515-2.jpg

清酒を蒸溜する設備。蒸溜した液体が焼酎となる。減圧式。
CIMG0516-2.jpg

戦前から使い続けている蒸溜機。圧力はかけずに蒸溜する。
CIMG0517-2.jpg

2012年3月28日水曜日 晴れのちくもりのち雨、強風

最低0度 最高13度
・来年3月に開催されるGMOフリーゾーン全国交流集会 in 山梨の実行委員会に、開催地として加わってくれるよう、北杜市に陳情。
・小松菜、ほうれんそうの畝の耕運。風が強くなり種まきは明日に延期。
・3月15日に播いたアブラナ科類発芽。3月18日に播いたフェンネルとルバーブ発芽。

フェンネル(セリ科)
フェンネル発芽

ルバーブ(タデ科)
ルバーブ発芽

2012年3月29日木曜日 晴れ

最低2度 最高17度
・葉菜の種まき:
 小松菜(新黒水菜小松菜、丸葉小松菜)
 ほうれんそう(ミンスターほうれん草)
 中国野菜(カイラン、パクチョイ、てごろ菜)
 かぶ(スワン)
・温床に置いたナスの種が発芽と同時にねずみに食べられ、追加で播いた分が今日またやられてしまった。
・にら発芽。

ねずみが食べ散らかした跡。種から出た根だけ残っていた。
なす_ねずみ食害

にらの発芽。
にら発芽

2012年3月30日金曜日 晴れ

最低2度 最高18度
・春休み中の中2の新が走り込みをしたいと明野に来た。ランニングの合間に農作業も手伝ってくれるそうだ。
・二人でたまねぎの草取り。
・高度差のあるランニングコースを探索。
*初ウグイス。
*初モンシロチョウ。

CIMG0527-2.jpg
山梨の天気

ogasahara

Author:ogasahara

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。