スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年1月6日金曜日 晴れ

最低-8度 最高6度
・今年の種まき計画。1月から6月までひと目で予定がわかるように、カレンダーに記入。
・年末から山梨は低温が続き、今朝は今冬最低マイナス8度。三浦大根、聖護院大根、にんじん、ねぎはなんとか無事、葉ものは萎れている。
スポンサーサイト

2012年1月7日土曜日 晴れ、強風

最低-4度 最高7度
・山梨興農、野口種苗、自然農法センターに種の注文。今月20日から春の巻き物の育苗開始。
・9日月曜日の出荷用に野菜の収穫。大根、かぶ、紅心大根、コールラビ、黒田五寸にんじん、九条ねぎ。年末から最低気温が零下4~7度の低温が続いており、小松菜、ほうれんそう、ルーコラ、中島菜、かつお菜は寒さに当たって萎れてしまった。
・繁昌寺の白梅が開花。もう春が来ている。
・朝6時頃、近くでキツネの鳴き声。何回も。

耕作停止で長らく薮化していた桑畑、りんご畑、梅林に重機が入り、もう一度畑として使えるように工事が進んでいる。
CIMG0313.jpg

2012年1月8日日曜日 晴れ お柳さん

最低-3度 最高6度
・今日は年に一度のお柳さんの日。明野町小笠原のお祭りで各集落に柳の木に似せたご神木が立つ。

戸数に合わせて竹の枝を吊るし、無病息災、火災予防、五穀豊穣を祈る。枝は解体して各戸に配られ、家の守り神になる。
CIMG0318.jpg

1月14日に配られると屋根の上に上げる。
CIMG0339.jpg

・合唱団KoCoA(Kofu Collegium Aureum)の演奏がYouTubeにアップされ、世界初お目見え。昨年12月23日に山梨大学構内にあるレンガ館で収録したもの。「公開に後悔」、「身の縮む想い」など関係者からキビシい感想も出たが、歌えて幸せのひと言に尽きる。
Hodie Christus natus est by Luca Marenzio
Ave Maria by Arcadelt/Dietsch

2012年1月9日月曜日 晴れ お獅子

最低-1度 最高10度
・今日は「お獅子」の日、厚芝の各戸に獅子が上がり、口をパクパクさせて福を招き入れてくれる。昔は小正月(1月15日)の行事だった。ご祝儀を出すと「正一位道祖大神」のお札がもらえる。

CIMG0470-2.jpg

今年のお獅子当番、四組の面々。
CIMG0321-2.jpg

・出荷17件。大根、聖護院大根、紅心大根、黒田五寸にんじん、かぶ、ブロッコリ、九条ねぎ、べったら漬け、味噌、切干し大根。冷え込みが続いたため、葉菜(小松菜、ほうれんそう、かつお菜、中島菜、ルーコラ)が萎れて荷をつくるには品数が不足、今日は保存食と乾物を入れてしのいだが、水曜日以降の出荷は無理だろう。

・お正月の強風でマルチと保温シートがはがれたタマネギの畝の復旧。
タマネギをたくさん植えたいが場所に余裕がないため、畝と畝の間の通路を50センチに狭めたのが失敗だった。マルチに土を寄せて抑え、その上に被せた保温シートも土で抑えたいところだが、通路が50センチでは寄せる土が足りない。U字のクリップで留めたものの、風にあおられてはがれることに。今年は通路を1メートルに。
CIMG0322.jpg

クリップを増量し30センチ間隔で留めて修復。
CIMG0323.jpg

2012年1月10日火曜日 晴れ

最低-5度 最高8度
・1月も宅配を続ける予定だったが、菜っ葉が寒さに当たってしおれてしまい、大根、にんじん、ねぎしかないので今日から休むことにしてメールとはがきで案内を出した。通年で野菜を出荷できたらいいのだが、1月から4月に収穫できる寒さに強い作物が見つからない。JAの大きなハウスを借りて栽培も可能だが肥料がネック。有機肥料は肥効が出るのに時間がかかるから。
・ドッグフードと飲食店用に収穫。日中風がなくて気温が上がったのでほうれんそうも穫れた。
*「人は愛するに足り、真心は信ずるに足る」中村哲、澤地久枝(岩波書店)

2011年1月11日水曜日 晴れ

・出荷5件。
・物置の片付け。

2011年1月12日木曜日 晴れ

最低-7度 最高6度
・確定申告のために昨年の伝票整理着手。1月中に数字を出して終わらせたいところ。
・収穫:大根、にんじん、芽キャベツ、ほうれんそう、かぶ。標高700メートルのほうれんそうは昼過ぎになっても土が融けず、包丁で切り取れず。
・又根の大根18キロを切干し大根に加工。

干し終わったところ。
CIMG0324-2.jpg

*「子どもの貧困ー日本の不公平を考える」阿部彩、岩波書店
"2004年のデータによると、日本の0~2歳の貧困率は18%だった。乳幼児の貧困が悪化しているということは、それよりも年齢が上の子どもの貧困が悪化している以上に懸念される。なぜなら、アメリカなどの子どもの貧困研究によると、0歳から2歳時点での貧困が、子どもの健康やIQなどのその時点での成長に対する影響が一番大きく、また、子どもが成人してからの学歴達成度などをみても、この時期の貧困がほかの子ども期の貧困よりも大きく影響しているからである。"

2011年1月13日金曜日 晴れ

最低-7度 最高9度
・発送5件。
・昨年1月から7月までの経費を入力。「弥生」で。
・放射線測定器購入。古い落葉の濃度がどの程度なのか測りたい。ガンマ線、ベータ線を測定できる。

CIMG0326.jpg

2012年1月14日土曜日 晴れ、強風

最低1度 最高8度
・トレーニングで茅ヶ岳登山。玄を杖にして。

CIMG0328.jpg

10:07 林道
CIMG0327.jpg

10:47 女岩
CIMG0330-2.jpg

11:32 尾根とっつき
CIMG0331-2.jpg

11:59 頂上
CIMG0332.jpg

・登山口から帰ろうとしたら、バッテリーが上がってエンジン始動できず、携帯のバッテリーも上がってJAFに電話できず。南アルプス市からトレーニングで来ていた方がコネクタをつないで始動してくれてほんとに助かった。お礼に野菜を送る。

2012年1月15日日曜日 晴れ

最低-4度 最高6度
・チームともすけの生ハムづくりサポート。12月25日に塩漬けした豚ロースブロック10本を風に当てて乾かすため、稲を干す"ウシ"に吊るす作業。4月ぐらいまで干し続ける。

CIMG0338.jpg

・収穫。
・夜6時から北杜市に遺伝子組み換え作物をつくらない会、打ち合わせ。今年は栽培規制条例をつくる年。来年北杜市で開催を予定しているGMフリーゾーン全国大会を目標に、条例化をすすめたい。
つくらない運動の賛同者を対象に、2月に集まりを開きたい。ゲストに天笠さんを迎え(予定)、運動の現状報告と今年の予定、質疑応答など。開催候補日は2月19日、20日、25日。

2012年1月16日月曜日 くもり

最低1度 最高4度
・底冷えのする一日だった。
・GMフリーゾーン看板のデザインについて鉄平くんとやりとり。モチーフは稲穂、遺伝子組み換え作物は植えませんの一文。見栄えがいいので賛同者が自分の畑に立てたくなる看板を目指す。
・駒場保育所が給食でほうとうを使うというので、おいしい小麦粉を使った無添加のほうとうを探す。高根の浅川さんが南部小麦をつくっているので、ほうとうにしてもらえないか打診。
・発送4件。
* 「スウィート・ヒアアフター」よしもとばなな、幻冬舎
~小説の根底にはいつも「人生への肯定」がある。生きる希望を書かないと意味がない。希望とはキラキラしたものではなくて、とにかく持っていないと生きられないもの。それを寓話にしていくのが私の仕事だと思っている。~
2011年12月6日朝日夕刊、よしもとばななインタビュー。

2012年1月17日火曜日 未明に雪、のち晴れ

最低-1度 最高5度
・2011年8月から12月までの経費入力。
・収穫。

2012年1月18日水曜日 晴れ

最低-4度 最高8度
・20日から育苗を始めるためハウスの片付けと水の調達。
・発送3件。
・午後1時半から3時まで、豆トラ倶楽部で生協に出荷する大豆乾豆袋詰め。500キロ超。

CIMG0341.jpg

・夕方6時から農業勉強会新年会。参加21人で鍋料理。

2012年1月19日木曜日 晴れ、夜から雪

最低-4度 最高9度
・朝8時半から12時まで、県農業試験場で2~4月採り葉菜類の冬期栽培実験見学。県内販売用に順時出荷をイメージ、播種・定植をずらす。スイートコーンの早出し栽培と同じビニールトンネル(無穴)を利用。
1. アブラナ科:露地栽培、2~3月採り。播種 11/10、11/21、12/1、12/9、タアサイ、ミニパクチョイ、カイラン、非結球白菜(てごろ菜)。
小松菜(冬里)、ちんげん菜(冬賞味)、小かぶ(白馬)も栽培可能。ただし、低温伸長性、耐寒性のある品種を選ぶこと。
資材:0.075ノービ透明トンネル、ダンポールφ8ミリ、マイカ線、杭。
播種後、トンネル設置。温度管理のためビニールの裾は土に埋めない。防風対策でダンポールをマイカ線でつなぎ、トンネルを抑える。

2. キク科:露地栽培、3~4月採り。播種 12/1。定植12/28、1/4、1/11。結球白菜(スターレイ、ウィザード)、リーフレタス(レッドファルダー、グリーンウェーブ)
資材:アブラナ科と同じ。マルチを敷く。

トンネルの中で生育中の結球レタス。
CIMG0343-2.jpg

・収穫。
・夜7時から畑山さん宅で農業者の一品持ち寄り新年会。卵焼きとカトルカール持参。
*玄が耳が痛くて鳴くのでガンかと思ったら外耳炎だった。

2012年1月20日金曜日 雪のちくもり

最低0度 最高3度
・午前中、重みでハウスがつぶれないか、雪の降り具合をチェック。気温が上がって事なきを得た。
・発送4件。うち1件は味噌用大豆6キロ。
・パルシステムから予想を大幅に超える節分豆の注文が豆トラに来た。50キロ分担予定だったところ、80キロ出すことになった。節分豆は見た目がよろしくないと、ということで納入までに急遽手選別をする。
・明日行なわれる明野山岳会月例会・新年会のために部屋の清掃。もち米3升洗米。
・今年の明野朝市出店者ミーティングの調整。

CIMG0349-2.jpg

2012年1月21日土曜日 くもりのちみぞれ

最低1度 最高5度
・生協用に大豆30キロを手選別。割れた豆、汚れた豆を取り除いた。
・餅のくるみダレ用にくるみを割って200グラム確保。
・午後1時から山岳会月例会、勉強会(遭難時のためのロープワーク)、新年会。パフォーマンスで餅つき3升ひと臼。登山道から滑落した時、引っ張り上げてもらうためには自分で自分にロープを結べないと。
・夜11時に中央道長坂高根から高速バスに乗り、京都へ。

新年会
CIMG8863-2.jpg

2012年1月22日日曜日 晴れ

最低1度 最高7度
・朝6時に京都八条口下車、7時に香川さんと1年ぶりに会ってその後のアップデート。大学の専攻が核物理学と知り驚いた。頼りにしよう。
・正午、奈良東大寺到着。大仏殿、四月堂、二月堂参詣。東大寺ミュージアム鑑賞。1時半から森本公誠総長の「大仏開眼会を考える」聴講。大仏開眼会は初代大仏の完成を披露するために752年4月9日に行なわれた。
・京都から名古屋へ新幹線で移動、車窓から三上山、伊吹山、鈴鹿山脈を4年ぶりに見る。
・名古屋駅17時30分発甲府行き高速バスで山梨へ。下車予定の高根バス停を寝過ごしてしまい、明日、クルマを取りに行くはめに。

CIMG0352-2.jpg

CIMG0351-2.jpg

CIMG0353-2.jpg

2012年1月23日月曜日 晴れ

最低0度 最高8度
・朝7時半に出発し穴山駅へ。早歩きで50分。各駅停車で長坂駅下車、中央道長坂高根バス停へ徒歩30分。軽トラを回収。所要2時間30分。
・収穫
・発送4件。うち1件はドッグフード用小松菜。
・浅川さんが藤原製麺と相談し、自家製小麦粉をほうとうにしてもらえることになった。最低ロットは小麦粉15キロ、仕上がり130食、17,500円。東大駒場地区保育所で2月に2回、ほうとうを給食に出すことにしている。2回合計で15キロ使う予定。浅川さんのほうとうを使ってもらいたいが、供給量が多いので調整が必要。

玄が牛の糞の上をのたうちまわっているところ。ちがう生きものの糞尿に出くわすとひっくり返って背中に臭いをこすりつける。
CIMG0355-2.jpg

2012年1月24日火曜日 晴れ

最低-4度 最高3度
・レタス類の種まき。結球レタス(ロックウェル128コ、シスコ128コ)、リーフレタス(エルシー128コ)、ロメインレタス128コ。
・13時30分から15時まで、明野保育園で子どもたちとポップコーン作り。大泉の井上くんが模範調理。
爆裂型とうもろこしの粒を外し、フライパンで炒ると手のひら一杯分が鍋一杯になる。はじける様子と音に子どもたち大興奮、塩味とキャラメル味に大満足。でも「家で作ってみる?」「ううん、買ってくる!」
・収穫。
・遺伝子組み換え作物つくらない運動の賛同者データ入力。

とうもろこしの粒を外して...
CIMG0356-2.jpg

フライパンで炒ってできあがり
CIMG0357-2.jpg

2012年1月25日水曜日 晴れ

最低-5度 最高5度
・発送2件。
・遺伝子組み換え作物つくらない運動の賛同者ミーティング開催のお知らせをメールで送る。
2月20日月曜日の午後、高根町環境改善センター、ゲスト天笠啓祐さん、運動の進捗状況と今後の方向、質疑応答などを予定。
・13時半から15時まで、稲田さん宅で生協の節分豆用に大豆を袋詰め。3キロ29袋、500グラム71袋、合計123キロのうちナカセンナリ30キロを供出した。
・小黒農場の花豆2キロ購入。無農薬無肥料栽培。

2012年1月26日木曜日 晴れ

最低-4度 最高3度
・鳥羽動物病院で玄の耳掃除(外耳炎は食物アレルギー由来とのこと)、井筒醤油で米麹10キロ購入、明野朝市打ち合わせ資料出店者に送る、朝市の存在意義について浅川さんとメール2往復、訊ねられて再認識できてよかった、みどりっちと大豆の選別しながら遺伝子つくらない運動と朝市、須玉農民決起集会などについて雑談、犬の散歩1時間、そして甲府でコーラスの練習2時間、来年バッハのヨハネ受難曲全曲演奏。

2012年1月27日金曜日 晴れ

最低-7度 最高5度
・セシウム、ヨウ素、ストロンチウム、プルトニウムのライバル元素と、放射能解毒効果のある栄養素を図表化。
・収穫と発送2件。
・夜7時から食農課新年会。

2012年1月28日土曜日 晴れ

最低-7度 最高5度
・朝8時前、富士五湖震源の地震。
・10時から安曇野市明科で種苗交換会。新谷さんと行って来た。山梨から11人参加、全体で80人ほど。

長野県有機農業研究会・山梨種苗ネットワーク 各種苗部会共催
第19回種苗交換会
2012年1月28日土曜日 安曇野市明科公民館

中山間地を生き抜くための採取事業
~株式会社山峡採取場の歴史と、採取技術指導から学ぶ~
講師 金子量昭さん(同社社長)

CIMG0360-2.jpg

・長野県内採取農家250軒、70代半ばから95歳まで。
・採取組合から株式会社化~支払いを前払いするために融資を受ける必要から。
・大根とごぼうは平成18年から中国で試験採取。
・信州山峡採取場ホームページ http://www.sankyoseed.co.jp/hpgen/HPB/entries/7.html

長野は採取適地、中山間地がメリット。:
 標高400~1000メートル。
 暑すぎず、寒すぎず。
 過湿少ない。
 夜温下がり夜露降りると植物が休まり疲れない。
 アルプス= 防風山、風の害少ない。
 傾斜地で水害少ない。
 お椀を伏せたような地形、山の上に隔離された畑が交雑を防ぐ。
 セキュリティが高い~よそ者をチェックする風土、原種守られる
 
中山間地のデメリット:
 大規模栽培できない。
 冬の仕事がない。
 専業採取むずかしい。

育種:環境に合った株の選抜
採取:選抜された種の栽培による種の採取

青果栽培と採取栽培の栽培ステージ

[同じ]メロン、かぼちゃ、穀物

[少し異なる]ピーマン、なす、きゅうり、ウリ、オクラ、いんげん、しそ、えんどう、枝豆、とうもろこし
 ~肥料~
 青果栽培;追肥、チッ素重視
 採取栽培:元肥チッ素抑えめ、リン酸、カリ多め、株を長持ちさせるため。

 ~きゅうりの例~
 青果栽培:1株から150本(人間で言えば小学5年生に達したら採る)
 採取栽培:1株から5~6本(寿命が来るまで置いておく)

[全く異なる]葉菜類
 ~肥料~
 青果栽培;多肥
 採取栽培:少肥、バランス重視
 ~越冬栽培~
 青果栽培;しない
 採取栽培:する。低温感応で花芽形成。冬期0度以上の土地は採取不適。

交雑と隔離
 大根、かぼちゃ:1キロ以上隔離が必要。
 ごぼう、いんげん:近くても交雑しない。

種の等級を決めるチェックポイント:
 ・発芽率が高い
 ・交雑、交配ミスがない
 ・仕上がり具合(色がよい、形がよい)

遺伝子検査をする種苗メーカーもある。
 ・オスかメスか
 ・F1遺伝子が交雑していないか

採取農家の作付け面積と反収
 きゅうり:1a~15a、120万円
 かぼちゃ:1a~23a、40万円(かぼちゃは上農と駄農の差が出やすい)
 メロン、ピーマン:1a~3a(ハウス栽培)、230万円
 しそ:11万円
 ごぼう:4a~20a、20万円(とげが皮膚に刺さってかゆい、作業大変)
 にんじん:22万円
 キャベツ:55万円
 ねぎ:34万円

採取技術
 キャベツ:8月播種、葉13枚巻かない状態で越冬。
 大根:植わったままの状態で土寄せして越冬。春に植え替え。
 ごぼう:食べる大きさより小さめの株を選び、越冬前に植え直し。
     長さ40センチ残して根を切り落とし、斜めに土に差し込む。
 にんじん:食べる大きさより小さめの株を選び、越冬前に植え直し。
 きゅうり:交雑防止のため袋がけ。
 しそ:叩いてタネを落とす。長野では10月3日か4日に。落とせる期間短い。

気候変動への順応
 順応したタネを選抜する必要。
 作物により適地が移動。
 排水性、保水性を兼ね備えた圃場は天候に左右されない。
 
参加者から提供された82種類の採取種子交換風景。
CIMG0363-2.jpg

2012年1月29日日曜日 晴れ、強風

最低-4度 最高5度
・遺伝子組み換え作物つくらない運動の賛同者名簿作成。189人中、メールアドレスがある、または公開してくれたのは104人。85人はファクスか郵便か。
・種まき:
 ブロッコリドシコ128、ハイツSP128、スノークラウン128、極早生キャベツ北ひかり128、早生キャベツ彩里128

2012年1月30日月曜日 晴れ

最低-7度 最高6度
・犬の完全生食のために小松菜20キロ送る。寒さでチルド状態。
・午後1時から3時まで、生活クラブ生協で「GMOフリーゾーン全国大会 in 北杜」準備打ち合わせ。実行委員の人選と開催日仮決定(2013年3月第一土曜日、日曜日)、3月26日に実行委員会初回打ち合わせ。

2012年1月31日火曜日 晴れ

最低-8度 最高7度
・14時から明野朝市出店者ミーティング。参加11人。
*開催は5月から11月まで、7回。11月は3日の大根祭りの日に実施。
*8月は観光シーズンなのでイベント扱いの明野朝市フェスタ(仮称)とし、飲食や鳴りものも呼ぶ。開催9時~15時。
*朝市の開催予定日と出店内容がわかるフライヤーをつくり、141沿いのコンビニに置かせてもらう。印刷代はビオファーム北杜から2000円。
*来てもらいたいのは県内・県外と地元。
*出店者が、この人には出てもらいたい!と思う人、お店に呼びかける。
*出店し続ける。
・GMOフリーゾーン看板打ち合わせ。モチーフが稲、双葉、オオムラサキの3点だとまとまらない。双葉とオオムラサキにして、篠くんに再度考えてもらう。
・らでぃっしゅぼーやがドコモの子会社になったと。

CIMG0365-2.jpg

・浅川さんの有機南部小麦15キロが、藤原製麺でほうとうになった。明日保育園に納品。
CIMG0366-2.jpg
山梨の天気

ogasahara

Author:ogasahara

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。