スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年3月1日月曜日 晴れ

・にんじんの種まき:
黒マルチ3715(130センチ幅、7条、株間15センチ)、20メートル長を4本張る。通路50センチ。
コーティング種子の「ベータリッチ」を穴1つに1粒ずつ入れて覆土。全部で3600粒。
不織布パスライトを被せて飛ばないように留める。保温のため。
・昨年10月末に播いたほうれんそうが食べごろとなったので、九条ねぎや小松菜と一緒に神保町のやまじょうへ発送。
・高根で農業関係者飲み会。春作の進捗状況や新しい機械の使い勝手、耕運技術などの意見交換ができて役に立った。
スポンサーサイト

2010年3月2日火曜日 くもり

最低9度 最高12度
・1月20日に種を播いたアブラナ科、キク科の苗を定植:
黒マルチ9245:ブロッコリ128×2枚、キャベツ128×2枚、カリフラワー128×2枚
黒マルチ9330:ロメインレタス128×1枚、リーフレタス128×1枚。
保温のため、定植後パスライトを被せる。
・夜、保育園に畑をつくるプロジェクトの打ち合わせ。

ロメインレタス。
CIMGX0259.jpg

リーフレタス。
CIMGX0260.jpg

2010年3月3日水曜日 晴れ

最低6度 最高13度
・育苗用種まき、プラグトレイ200使用、なす、とうがらし、ピーマンは土の上に種をひと粒のせ、種が隠れるくらいふるいで覆土、温床に置いてトンネル用ビニルシートと毛布を被せる。:
なす(長岡長110、泉州絹皮水なす45、埼玉大青なす45)
とうがらし(伏見甘長106、キムチ唐辛子50、韓国の唐辛子50、ペペロンチーノ50、メキシカンペッパー50)
ピーマン(伊勢ピーマン94、パプリカ(Peperone Tonde per Sottaceto) 200)
アーティチョーク(Romanesco 25、Violetto di Romagna 25)、プラグトレイ50、穴をあけて種を落とす。
大葉にら(たいりょうにら 200)、プラグトレイ200、セルに3粒。
チンゲンサイ 200、プラグトレイ200、セルに2粒。
・鶏糞軽トラック2車運んで撒布。

2010年3月4日木曜日 雨

最低6度 最高9度
・雪で壊れた猿落君を修復し、サルが柵を押し倒して出入りできないようにするため、現場で補強策を考える。畑の作物がサルの目に入らないように、目隠しネットも張る。作業は来週。
1. 地中に埋めた鉄筋に被せるようにして、直管パイプを地中50センチまで入れて補強。
2. 2メートルおきに立てる直管パイプを、5.5メートルの直管パイプで横につなぐ。地上10センチと地上1メートルの2段。
3. 遮光ネットを地上1メートルのところから猿落君にくくりつけて目隠しにする。50メートル巻3,890円。全部で250メートル必要。
・現場から戻る途中、家の隣の集落にサルの群れが来たというので、リーダーのいさおさんが追い払いをしているところに行き会う。去年まで見た事がない規模の(20~30頭ぐらい)群れ。今年はすでに畑にもひんぱんに出没しており、この調子だと春、夏、秋とサルの食害に悩む苦しい年になるかもしれない。

・2月25日に播いた春京赤長水と小松菜が発芽。
・2月27日に播いて温床にのせて発芽を促していたキャベツ、ブロッコリ、さやえんどうだが、温度が高すぎて煮えてしまった気配濃厚。予備でブロッコリ128×1枚、キャベツ128×2枚播種。

・市の農政さんが講演会の前売りチケットを60枚預かってくれた。関係者に販促してくれるとのこと、ありがたい!

山須臾の花が咲いた。標高700メートル。
CIMGX0262.jpg

2010年3月5日金曜日 晴れ

最低4度 最高17度
・発送3件。
・育苗用種まき:セルバチコ128コ、イタリアのレタス(Lattuga Romana、ロメインレタスか?)128×2コ
・最近見つけた落ち葉街道で落ち葉収集、軽トラ1杯。ブロッコリ、レタス、にんじんの通路に敷いて、これから踏みながら腐葉土にする。土中に有機物が少ない畑なので堆肥や腐葉土を入れたいが、大量に集めて作るとなると集積する場所と切り返す設備が必要なので、少しずつ。
・昨夜の大雨で生活道路の側溝に落ち葉が詰まり水が流れなくなった。熊手2本で落ち葉をかき出し格闘していたところ、通りがかった小清水さんがグレーチングを上げて助けてくれた。ひとりでは持ち上げられないので助かった。どぶからあげた落ち葉は数日置いて水切りをしてから堆肥用に頂戴する。
・2月25日に播いた大根(おはる、韓国の大根)が発芽。
・今日は暖かく、ウグイス、ヒバリ、カエルが鳴いたのをこの春初めて聴いた。

2010年3月6日土曜日 雨

最低10度 最高14度
・雨に流されてたまった落ち葉に木の枝がからみ、道路側溝に詰まって水が流れない箇所のどぶさらい。引き上げた落ち葉を軽トラに載せて運び、畑に積む。
・畑に中途半端に残った九条ねぎコンテナ1杯分を掘り上げる。太いものは出荷用に移植し、細いものはコンパニオンプランツとして、きゅうりと一緒にポットに鉢上げする。
・マルシェ出店申請用に、野菜の写真を撮る。小松菜、重宝菜、ほうれんそう、九条ねぎ、かつお菜、のらぼうな、ルーコラ。
・果菜類鉢上げ用土の必要量を計算。とうがらし、なす、トマト合計1200本の鉢上げに840リットルの土が必要。自作の土が足りないので、半分は市販の育苗培土で賄うことになる。タキイ育苗培土100リットル2袋、サカタスーパーミックスA 50リットル4袋、15,000円ぐらい。

この春初めて収穫したのらぼうな、武蔵野の地菜。花芽が出たところをかきとる。おひたしがおいしい。
のらぼうな

2010年3月7日日曜日 雨

最低5度 最高9度
・確定申告書作成。
・猿落君補強のため、5.5メートルの直管パイプ18本を3等分に切断。
・今晩から数日間寒の戻りと降雪があるようなので、本葉が出始めた大根に穴あきトンネルをかけて寒さ対策。マルチに不織布をかけているので何もしなくてもと思うが、安心のため。

2010年3月8日月曜日 くもり、のち晴れ

最低2度 最高9度
・明日も雨の予報、今日は貴重な晴れの日なので仕事を片付ける。
・2月27日に播いて温床に入れたキャベツ1024コ、ブロッコリ類256コだが、温床の温度が高すぎて発芽しなかったので、播き直し。今日はプラグトレー128×10枚に土を盛るところまで。
・2月1日に播いたキャベツ128×2、リーフレタス128×1と、1月20日に播いたリーフチコリ128×1の定植。
・鶏糞1/2車をねぎの後に撒布。いつものように軽トラで畑に入ったところ、昨日までの雨で土がゆるく、あやうくはまって出られなくなるところだった。トラクタで耕運。
・3月から10日おきに葉菜の種を播く。天気が変わりやすく、雨で畑の準備が遅れると種がまけないので、晴れ間をねらってこまめに肥料まきと耕運を進める。

昨日の雨は茅ヶ岳では雪となった。
CIMGX0274.jpg

潜在自然植生でアカマツが多い。この週末、間引くようにアカマツを伐採して短く切り、ビニルシートをかけてマツクイムシの駆除をしているのが松林のあちこちで目についた。農村では野菜、果樹、稲、山林に農薬を撒くため、薬に弱いミツバチの巣箱の安全な置き場所を見つけるのがむずかしい。
CIMGX0271.jpg

2010年3月9日火曜日 雨のち雪

最低2度 最高5度
・縁農でふみこさんとしょおきさん登場。
・キャベツ種まき:みさき128×9枚、四季穫128×1枚。
・大豆選別。
・たんかんシフォンケーキ作成。
・夕方から雪が本降り。明野に来て初めての大雪。
・夜9時と12時にビニルハウスの雪おろし。

2010年3月10日水曜日 雨のち晴れ

最低1度 最高9度
・畑が大雪に埋もれた。
・昨夜の湿雪で道路際の松、竹、梅などの木々の大枝が折れて散乱。
・大雪で農休み。
・昨年1年間の請求と入金の突き合わせ。

今朝のビニルハウス。屋根の雪が落ちて60~80センチ高さに積もっている。
CIMGX0275.jpg

湿った雪の重みでしなっている金木犀。大幹に亀裂が入りかけている。
CIMGX0278.jpg

2010年3月11日木曜日 晴れ

最低2度 最高8度
・昨日に続き、畑が雪に埋もれて外でできる仕事がない。
・お天気母さん講演会チラシをご近所50軒の郵便受けに配る。
・イタリアのレタス種まき、128×2枚。
・3月3日に播いたなす、とうがらし、ピーマン、アーティチョークの発芽始まる。

今朝の南アルプス、鳳凰三山、アサヨ峰、甲斐駒ケ岳。
CIMGX0306.jpg

雪に被われたにんじんの畝、4本。
CIMGX0303.jpg

雪でごみも落ちたか、澄んだ空とくるみの木。「大雪の年は豊作」by お天気母さん、大気中のチッ素が地上に落ちるため。
CIMGX0298.jpg

2010年3月12日金曜日 晴れ

最低0度 最高11度
・朝6時から東京都中央卸売市場大田市場見学。野菜と果物の市場で日本最大、建物面積28町歩。仲卸の野嶋さんの案内で場内を歩く。
・有機野菜、地方野菜は個性園芸部門で扱われている。明野金時が出荷されていた。
・野菜事情にくわしい野嶋さんの話:
めずらしい野菜より、定番野菜でおいしいものが求められている。
トマトでよいものは需要がある。
市場に出荷される野菜に虫くいはない。
最近の人気野菜:水田ごぼう(サラダごぼう)、京かんざし(F1の京にんじん)。
・新宿9:20発の高速バスで帰宅。気温が高くなる予報だったので、昨晩からビニルハウスの窓を開け放しにしておいたが、問題なし。
・3月4日に播いたブロッコリとキャベツが発芽。
・畑はまだ雪に埋まっている。
・ミツバチの横型巣箱製作。

F1の金時にんじん、京かんざし。
CIMGX0319.jpg

中島菜。
CIMGX0320.jpg

市場の中。手前でみかんのセリが行なわれている。
CIMGX0324.jpg

2010年3月13日土曜日 晴れ、午後強風

最低2度 最高18度
・まだ畑に雪が残っている。
・ミツバチの分封群を誘引するキンリョウヘン蘭の植え替え。山野草用培土購入。
・昨日製作した巣箱のふたに通風用の窓を細工したいが、やり方がわからなかったのでミツバチの会の長老に指導を仰ぐ。ふた以前に巣箱全体の組立てが雑ですき間だらけだったので、ばらして直されることに。
・ホームセンターで仲間のお百姓にばったり。トラクタを入れているパイプハウスが雪でつぶれ、修復用のパーツを買いにきたとのこと。雪で定植ができず、ブロッコリなどハウスで巨大化しているらしい。帰宅後、べつのお百姓が貸していたDVDを返しにきた。こちらもパイプハウスがつぶれ、雪で肥料撒き中断とのこと。

2010年3月14日日曜日 晴れ

最低2度 最高13度
・畑の雪が解けた。
・朝6時にミツバチの巣箱をくるみの木の下へ10メートルほど移動。4月以降分封が起きた時に蜂球が木に留まるようにするため。お昼過ぎ、元の位置で30~40匹のミツバチが飛び回っていたので、これは分封なのか!と気が動転。まだ完成していない巣箱を置いたら入ったものの、分封ではなかったようだ。
・ブロッコリ定植。2月1日播種128コと2月7日播種128コ。
・葉菜、菜花、ねぎを出荷、4軒。
・雪で倒れた猿落君の修復と補強着手。基礎で埋めてある鉄の棒をさらに20センチ打ち込み、アルミの直管パイプφ19を基礎に被せて50センチ打ち込んだ。パイプの補強が終わったら、地面から1メートルのところまで目隠しのために遮光ネットを張る。
・長坂の犬の里親さん宅へ、みどりちゃんが柴犬と甲斐犬の雑種の子犬(生後2カ月)を引き取りに行くというので見にいった。5匹生まれて4匹は飼い主が決まり、残るは1匹。サルを追い払ってくれて、性格は優しく、飼い主に従順で菜食汁かけご飯でも満足する犬が希望だが、それは飼ってみないとわからないだろうし。今日は決められなかった。

くるみの木の下に引っ越した日本ミツバチの巣箱。
CIMGX0328.jpg

2010年3月15日月曜日 くもり時々晴れ

最低4度 最高17度
・3回目の葉菜種まき。10日に播く予定が雪で遅れた。小松菜(さおり)、かぶ(福小町)、菜心、イタリアの菜花、ほうれんそう(デュアル)、大葉春菊。
・2月9日に播いた小松菜の播き直し。発芽が少なかったため。播種機の調整ミスか。
・農道下に新たに借りた畑2反の耕運。春作はブロッコリ、キャベツ、じゃがいも。
・さやえんどうの定植準備。鍬で耕す。

新しい畑の斜面。高さ3メートルぐらいの大きな草が枯れてそのままになっている。
CIMGX0334.jpg

サルに掘り起こされ、食われた九条ねぎ。
CIMGX0336.jpg



2010年3月16日火曜日 晴れ お昼から強風

最低10度 最高20度
・育苗用種まき:リーフチコリ(Catalognia Frastriata, Puntarella)、エンダイブ、白茎三葉、セロリ(トップセラー)、リーフレタス、太ねぎ(Porro Gigante)。
・さやえんどう定植、300本。
・出荷1軒、九条ねぎと菜花。
・夕方5時頃、正楽寺の田んぼにサルの大群がいたので、中国製7連発花火で追い払い。
・夜、長坂で「牛の鈴音」上映会。
・今年初めてモンシロチョウが飛んでいるのを見た。

2010年3月17日水曜日 晴れ

最低3度 最高10度
・昨夜は強風で地面に敷いた稲藁が飛んで移動するほどだったが、定植したさやえんどうは無事だった。
・さやいんげん用のネットにさやえんどうを植えて満足していたところ、隣の正さんがやってきて、このままではつるがいんげんネットに誘引されないから竹を差しなさいという。確かに昨年のさやえんどうはつるが絡むものがなく、上へ伸びなかったので、竹林で枝を調達。

苗のそばに竹を差し、横に渡した直管パイプにひもで固定した。つるが竹を伝って上るうちにいんげんネットに誘引される。
CIMGX0342.jpg

・竹を切り出して支柱にするため、必要な長さに切り揃えたり、枝を切るのは力がいった。市販の資材を使えば楽だが、いざという時は身近な天然素材ですべて賄えるように技術を習得しておきたい、が簡単ではない。
・朝、昨日サルを目撃した正楽寺の田んぼで、サルをBBガンとイヌで追い払っているところに行き会った。犬猿の仲というだけに、イヌがいるとサルが近寄らなくなるそうだ。飼うなら甲斐犬くずれのオス、とのこと。

2010年3月18日木曜日 くもりのち雨

最低2度 最高15度
・葉菜の定植:セルバチコ、リーフチコリ3種類、大葉春菊、コリアンダー。霜対策でパスライトを被せる。

お天気母さん、鈴木二三子さん講演会「身近な自然が伝える明日の天気」

お天気母さんと慕われている鈴木二三子さんは会津の稲作農家。身の回りの自然を観察して植物が発するメッセージ(低温で春が遅い等)を読み解き、大陸や海の温度を見て今年の天気を読み、米づくりに活かしてこられました。

今年1月に奈良であった講演では、12月に土の中のつくしを見て春作の出来を予測し、モスクワの気温を見て10日後の低温に備えるなど、野菜づくりに役立つ知恵の数々を教えていただき驚きの連続でした。農業の仲間にもぜひ知ってもらいたくて、鈴木さんに山梨へ来てくださるようお願いした次第です。
講演会では、今年の天気の傾向や、自然観察のポイントをお話しいただきます。温暖化や異常気象の影響を受ける昨今、鈴木さんのお話をきっかけにして、私たちが身近な自然を観る目をもち、よい収穫を得られるようになればと思います。

稲、野菜、果樹農家はもちろん、家庭で野菜をつくっている方にも聴いていただきたい内容です。
苗づくりや定植で忙しくなる前に、どうぞお越しください。


鈴木二三子さんプロフィール
福島県西会津町に生まれ育つ。農業を天職と思い、家業の稲作農業を継ぐ。こぶしの花が多い年は豊作、ジャガイモ良い年は米不作、といった里山の知恵を受け継ぎ、さらに会津は台風で稲に被害を受けることから、台風がいつ来るか知りたいと気象や土壌を研究。平成5年の冷害を予測して注目を集めた。平成20年にNHKハイビジョン特集で「すべては自然の贈り物~西会津のお天気母さん」が放映され、話題を呼ぶ。
著書:「里山の言い伝え」(嶋中書店)


鈴木二三子さん講演会「身近な自然が伝える明日の天気」

日時:平成22年4月11日 日曜日 午後6時開演(開場5時半)
場所:須玉ふれあい館文化ホール
住所:山梨県北杜市須玉町若神子521-17
料金:前売り500円、当日1,000円(小学生以下無料)
前売り券を買えるお店:
 笹屋 小淵沢上笹尾 0551-36-2307
 なかみせ cafe pot 高根五町田 0551-47-2044
 くじらぐも 明野 0551-25-4053
 おっぽに亭こっこ 白州横手 0551-35-4445
 有機村 甲府貢川 0552-22-1922
主催:ビオファーム北杜 
問合せ:電話0551-25-3184、090-2250-3505 メール zenpukuji@mac.com ビオファーム北杜 石毛まで
お知らせ:
 小さいお子さんと一緒にいながら講演を聴ける親子席があります。ホールとはガラスで隔てられています。
 駐車場の台数に限りがあるので、なるべく乗り合わせてお越しください。
 

2010年3月19日金曜日 晴れ

最低2度 最高12度
・定植を待っていたブロッコリ、カリフラワー、キャベツをようやく定植。段取り:トラクタで耕運~マルチ張り~土が乾燥していたので潅水~定植~パスライトで被覆。ブロッコリ130、カリフラワー100、キャベツ48。収穫5月25日予定。
・サラダごぼう種まき。条間60センチ、株間10センチ、12メートル2本。7月収穫予定。
・今日は来客が続いた。トラクタに軽油を入れていたら、近所のやすおさんがさつまいも畑の草を削って~というのでトラクタでやってあげた。お昼ごろ、てつこさんという別荘に住む女性から電話があり、農業に興味があるので話を聞かせてという。マルチを張っている畑に来てもらって話を聞いたところ、荒れている土地の草を刈って植物を育てたいということのようだった。始めれば何とかなると背中を押した。夕方、農業をやるために昨年明野に引っ越してきたが、畑がなくてアイドリングのまま発車できずにいる若夫婦が畑にやってきた。振興公社に相談してとにかく畑を確保するように背中を押した。

2010年3月20日土曜日 晴れ

最低3度 最高17度
・3月9日に播いたキャベツが発芽後、カバーを外すタイミングが早すぎて苗が寒さで傷み、5割以上使えない状態。追加で種まき。キャベツ(初秋)128×4枚、白菜(無双)128×1枚、コリアンダー 50×1枚。
・2月後半から3月にかけて、ビニルハウスの昼間の温度管理に失敗して苗を傷め、播き直しになった。日中10度以上に保つように窓を開け閉めするのだが、気温が低い日は南だけ開ければよかったところ、北も開けて温度が下がり過ぎた日があった。また、大雪の後、気温は高くても風が冷たい日に窓を開けて苗が傷んだ。
・朝9時半から大泉活性化施設でみつばちの会の総会。午後は信州みつばち研究所長、間瀬さんのお話で、ミツバチが群れごと失踪したり、数が減少する問題の対策について。農薬の影響のない場所に巣箱を置くこと、免疫力を落とさないために近親交配は避けること、世話を焼きすぎないこと、がポイントのようだ。
農薬がかかった花を避けられる群れと、避けられない群れがあるというのには驚いた。
伊那では厳冬期零下12~15度まで下がるが、巣箱の保温のためのわら囲いなしで越冬しているそうだ。山梨は伊那より暖かいので次の冬は囲いなしでやってみたい。
・総会会場でお天気母さんの前売り券が18枚も売れた。ミツバチを飼うと暑さ寒さや雨風が気になるので、講演に興味を持ってもらえたのだと思う。

2010年3月21日日曜日 晴れ 強風

最低8度 最高15度
・朝から強風。パスライトの留め具を増やして吹き飛ばしに備える。
・3月15日に播いた小松菜とかぶ(福小町)が発芽、3月1日に播いたにんじん発芽。こぶし開花。
・山梨動物里親の会の譲渡会で、甲斐犬系のオス子犬をいただけることになった。「信玄」という名前がついていたが、土地柄、お館さまを「信玄っ!」と呼びつけにするのははばかられるし、いずれ私が勘助になって主従逆転しそうだから「玄」にした。しつけはこれから。今日はおすわりをやった。早歩きで往復40分コースの散歩に出たら、20分で「もう勘弁してください」モードに。
・種まき:キャベツ(初秋)、白菜(無双)、コリアンダー、伏見とうがらし追加、なす追加(長岡長、泉州絹皮水なす)。

サル追い犬になることを期待されている玄。生後3.5ヶ月で姉と別れ、知らない家に着いたばかり。
CIMGX0348.jpg

後ろ向き。
CIMGX0350.jpg

2010年3月22日月曜日 晴れ

最低2度 最高13度
・出荷2軒。ほうれんそう、九条ねぎ、菜の花。
・桜開花。
・穴山のカフェ、「おちゃのじかん」にサンプルでほうれんそうを届ける。
・じゃがいも用に新しい畑を耕す。
・昨日来た犬の玄は畑に行っても、家のまわりにつないでおいても、人がそばを離れると大鳴きする。空腹と排泄のサインがまだ読み取れない。ドッグフードは1日3回、各80グラムぐらい。今日はゆでた白菜と煮汁を混ぜた。おすわりができるようになった。

2010年3月23日火曜日 くもり時々雨

最低5度 最高12度
・じゃがいもを播く。男爵20キロ、メークイーン5キロ、去年収穫した小いも10キロ。
・小松菜、水菜、壬生菜、ほうれんそう、ルーコラを刈り払い機で刈った。数日、陽に干した後トラクタで鋤き込む。
・3月15日に播いた菜心とルーコラ発芽。
・今日はイヌを畑に連れて行かず、家に置いておいた。クルマが戻る度に今度は行けるかと期待していたが、あきらめた様子。散歩に出るとイネ科の草や菜の花を食べる。夜中の2時にオオカミのように遠吠えをした。

まだ小屋がないので、とりあえず、箱に毛布を敷いて居場所を作ってみた。
CIMGX0355.jpg

2010年3月24日水曜日 雨

最低6度 最高8度
・トマト種まき。世界一100、ミニトマト100。
・お天気母さんのチケットを置いてくださっているお店2軒訪問。甲府の有機村がチケットを預かってくださった。
・ザクロの芽が出るともう霜は降りない by 里山の言い伝え。畑に植えようと白州で苗を探す。
・イヌを外につないでおくために、どうせ大きくなるのだからと大型犬用のごついチェーンをつけていたら、近所の動物博士のやすおさんに「子犬につけるなんて虐待だ!」と叱られた。
・雨仕事で今日はコンパネを切って犬小屋を作ろうと思っていたら、あけみさんが犬小屋を貸してくれてほんとに助かった。イヌも温かい居場所ができて安心したようで、吠える回数が減った。

2010年3月25日木曜日 雨

最低5度 最高10度
・トマトの種まき。麗夏300、アロイトマト100。
・ナスととうがらしの追加種まき。埼玉大青なす180、泉州絹皮水なす20、伊勢ピーマン140、キムチとうがらし60。
・市役所でイヌの登録。手数料3000円。
・2コめのミツバチの横型巣箱完成。
・今、営巣中の日本ミツバチは4月以降分封予定。巣分かれした女王蜂と働きバチは巣を出ると、いったん樹皮にぶらさがって蜂球をつくり、それから新しい巣へと飛び去っていく。蜂球をいただいて群れを増やすために、ハチにぶらさがってもらう待ち台を作った。正式な待ち台は無垢材を水につけてアク抜きをし、梅か桜の樹皮を貼付けるのだが、材料が間に合わないのでありあわせで。

鰻の蒲焼きのように見える待ち台。土ふるいに杉の皮を針金で留めてある。これを逆さにして、巣箱のそばのクルミの大木に固定し、雨あがりの風がない日中に分封が起こるのを待つ。
CIMGX0361.jpg

2010年3月26日金曜日 晴れ、強風

最低2度 最高10度
・ほうれんそう2キロ出荷。
・ブロッコリ用マルチ張り。
・腐葉土にするため、畑に寝かせておいた畳の床の片付け。藁ではなく新建材なのでどこに持って行けば処分してくれるのか、要調査。
・犬の2回目の予防接種、6種混合、7,000円。
・夜7時から山梨有機農業連絡会議、昨年の活動報告会。

2010年3月27日土曜日 晴れ 午後強風

最低1度 最高11度
・土が乾かないうちにマルチ張り。70メートル×3本(マルチ1330)、60メートル×1本(マルチ9230)。
・白州道の駅に講演会のチラシを置く。
・白州郷牧場、秋山さんのご厚意でチラシと前売券を直売場に置いていただけることになった。

最近、林が伐採されたところに現れた馬頭観音立像。明和2年(1765年)に小笠原の郷中が施主となり建立、と刻んである。
CIMGX0365.jpg

2010年3月28日日曜日 くもり、午後時々雨

最低2度 最高11度
・朝7時から恒例の明野一斉清掃。年に4回ある。
・物置の片付け。
・トマトの枯枝の焼却。
・猿落君の補強の続き。
・みどりちゃんのおばあさんが亡くなり、お弔いの間、朝夕ビニルハウスの苗の世話をする。

2010年3月29日月曜日 晴れ、午後強風、時々小雪

最低2度 最高8度
・保育園にサンプルでちぢみほうれんそうを送ったところ、0歳~1歳がおひたしをパクパク食べたとのことで、注文をもらった。今日4キロ発送。子どもに食べてもらえるのはとてもうれしい。
・お彼岸に播いたキャベツと白菜だが、発芽したので保温の毛布を外し、気温が低いのでビニルシートはそのままかけておいたところ、日差しで芽が焼けてしまった。今日はその播き直し。
・今日はかっと日が照ったかと思うと、急に曇って雪がちらつき、おまけに強風でビニルハウスの苗の様子が気になる一日だった。昨日に続き、みどりハウスの開け閉めと水やり。

マイハウスの前でくつろいで昼寝するイヌ。人あたりがいいので隣近所の受けはいいが、それでほんとにサルを追い払えるのか?と危ぶむ声も。
CIMGX0369.jpg
山梨の天気

ogasahara

Author:ogasahara

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。