スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月1日水曜日 メンテナンス

小雨/曇りのち晴れ 最低15度
・発送3件、お試し2件(小松菜、うぐいす菜、サラダ・ナムルセット、大根間引き、伏見甘長とうがらし、にんじん、きゅうり、なす)
・中島菜、大和真菜、壬生菜などが発芽したので不織布から防虫ネットのトンネルに移行。畝2本分。
・きゅうりの制止、なすの剪定など畑のメンテナンス。
・3時過ぎから待ちに待った晴天となった。
スポンサーサイト

2008年10月2日木曜日 耕運

晴れ 最低8度 最高29度
・発送3件
・小豆のあとを種まき用に管理機で耕した。90センチ x 25メートルを4本。トラクターで耕したら種まきまで仕事が進められたところだが、畝と畝の間の通路が狭すぎてトラクターが現場に行けず断念。

小さい田んぼの稲刈り2008

・9月28日日曜日、小さい田んぼの稲刈り。バインダーという機械が稲を刈りひもで縛って束にしたのを、ウシと呼ばれる三本足に棒を渡した干し台にかけて日干しにする。出入りはあったが、4人で作業して午前中に終わった。
・水を抜いた田んぼには、ツボとよんでいる巻貝(みそ汁に入れたりする)、アマガエル、とのさまガエルがいた。

刈り取った稲が干されている様子。背景に集落の神社、八坂神社と甲斐駒ケ岳。
CIMG0194.jpg

こちらは10月5日に刈る予定の大きい田んぼ。
CIMG0196.jpg

2008年10月3日金曜日 今年最後のたねまき、その1

曇り/晴れ 最低13度 28度
・発送2件(小松菜、うぐいす菜、サラダ・ナムルセット、大根まびき、おかのり、なす、きゅうり、にんじん)
・小豆が植わっていた畝に今年最後のたねまき。小松菜、ちょうほう菜、ちぢみ菜、金町小かぶ、温海かぶ、長崎赤かぶ、金沢青かぶ、尾張大かぶ、天王寺かぶ、日本ほうれんそう、次郎丸ほうれんそう、Spinacio america、大葉春菊、中葉春菊。
・エゴマ、収穫開始。
・オクラを片付けて菜っ葉をまく準備。

2008年10月4日土曜日 にんにく播種

晴れ 最低11度 最高28度
・野菜村出荷(小松菜、うぐいす菜、サラダ・ナムルセット)
・にんにく(ニューホワイト6片1キロ90コ、葉にんにく500グラム24コ)播種。
・お世話になったおかのりを種取り用に2本残して片付けた。
・夕方、稲刈りの手伝い。

2008年10月5日 小雨の中での稲刈り

曇り/雨 最低12度
・「西表」、紀代子さんの助けを得てエゴマの収穫。葉が黄変し、シソによく似た実が茶色くなったものを根元から刈り取った。納屋で陰干ししてから調整する。
・9時から12時まで長坂で自然農学びの会。
・午後2時から4時半まで、カントリーハウスの大きな田んぼの稲刈り。小雨が降る中、ぬかるむ田んぼの土に足を取られながら束ねた稲を"ウシ"にかけた。生まれて初めて"タガメ"の実物を見た。

2008年10月6日月曜日 猿が波照間で大豆を食べた

雨/曇り 最低16度 最高32度
・発送3件(小松菜、うぐいす菜、サラダ・ナムルセット、金町小かぶ、長崎赤かぶ、大根のまびき、なす、伏見甘長とうがらし、きゅうり、にんじん)
・収穫を終えて畑を出たあと、訪ねてくれた友人から通報があり、猿落君で囲った「波照間」の中にオスの猿が入って大豆を食べており、柵のまわりに子どもも含め20頭ほどの猿がいたとのこと。ダンポールとネットを引きつけて倒し、中へ入ったらしい。現場に駆けつけたところ、夏より大きくなったオス猿が柵の外にいた。このところの長雨で地盤がゆるんでいたせいか、土台の鉄筋ごと倒して外へ出たようだ。猿が入ったところと四隅の塩ビ管を金属の直管パイプに交換して補強することにする。
・春から夏にかけて鶏糞を無料でわけてくださったぶぅふぅうぅ農園に、お礼で菜っ葉を持って行ったところ、放牧豚の肉でつくったソーセージとハムをいただいた。桜えびで鯛という感じか。

2008年10月7日 猿落君補強

晴れ 最低14度
・野菜村出荷、発送1件(小松菜、うぐいす菜、金町こかぶ、長崎赤かぶ、サラダ・ナムルセット、きゅうり、なす、にんじん、大根まびき、伏見甘長とうがらし)
・早池峰菜、わさび菜たねまき。
・「波照間」の猿落君で昨日サルが入ったところ、出たところの塩ビ管を単管パイプ(φ19ミリ金属製)に交換し、グラスファイバーのポールが曲がりすぎないようにした。
・エゴマを納屋で「ウシ」にかけて陰干し。

2008年10月8日水曜日

雨のち曇り 最低14度 最高23度
・発送1件(小松菜、うぐいす菜、大根まびき、金町こかぶ、寄居かぶ、長崎大かぶ、黒田五寸、伏見甘長とうがらし、きゅうり、なす、おかのり)
・波照間、西表の猿落君を点検し、適宜補強。入り口は2メートル弱の枝ですその網を留めていたが、4メートル長さ、直径4センチの直管パイプにグレードアップ。
・明日耕運できるように、前作の残さの片付け。畝3本分。
・10月3日に播いた小松菜、ほうれんそう、春菊、かぶが発芽。

長崎大かぶ
CIMG0200.jpg

白菜
CIMG0203.jpg

2008年10月9日木曜日 今年最後の種まき、その2

晴れ 最低11度 最高28度
・発送4件(小松菜、うぐいす菜、大根まびき、金町小かぶ、長崎大かぶ、春菊、いんげん、なす、きゅうり、伏見甘長とうがらし、にんじん)
・小松菜、ほうれんそう、タアサイ、鳴沢菜、金町小かぶ、寄居かぶの種まき。これで空いている畝はなくなった。10月10日の最終種まき日に間に合った。
・大根まびき(タキイの"耐病総太り"、いわゆる青首大根)
・新田の先輩の厚意でルバーブの大株と行者にんにくをいただいた。「波照間」に定植する。

大きい田んぼの稲刈り2008

・10月4日土曜日と5日日曜日に一反以上面積のある大きい田んぼの稲刈り。小雨が降る中、刈り取られた稲束をウシにせっせとかけていく。作業者4人で1.5日で終了。
・1週間干してからハーベスタ(脱穀機)でもみを外す。
・ぬかるみに足を取られてもがいたり転んだりして、いい全身運動だった。

ウシ干し5日目の田んぼ
CIMG0210.jpg

CIMG0208.jpg


2008年10月10日金曜日 えごまの収穫

曇り/晴れ 最低12度
・発送3件(小松菜、うぐいす菜、大根間引き、金町小かぶ、寄居かぶ、長崎赤かぶ、尾張大かぶ、なす、きゅうり、にんじん、伏見甘長とうがらし)
・ゆりこさん、けいこさんと「飛島」のえごまの収穫。軽トラの荷台山盛り一杯。

2008年10月11日 芋掘り

小雨のち晴れ 最低15度 最高28度
・発送1件、やさい村出荷
・下北援農旅団5人によって「飛島」で草に覆われていたさつま芋が発掘された。定植が2週間遅かったのと、かやつり草とねこじゃらしを厚く生やしてしまったため、さつまいもの葉に日光が当たらず芋が生長しなかった。7畝で収穫はたったのコンテナ2個。困難な作業を得意とする旅団員も、さすがにシャベルで掘り上げるのがえんぴつの太さの根っこばかりという現実にかなりうんざりな感じだった。来年は大きな芋がたくさんできるようにしたい。そのために、畝と畝の間隔を50センチ以上とって管理機で除草できるようにして、コンパニオンプランツとして畝間にゴマをまいたのが除草を妨げる要因のひとつだったので来年はやめる。

2008年10月12日日曜日 キャベツ定植

晴れ 最低7度
・発送なし
・本葉3枚に生長したキャベツ苗を定植。
・タマネギに鶏糞追肥。
・Shindenさんにわけていただいたルバーブ8株と行者にんにくを定植。
・猿落君補強。
・「西表」で残っていたエゴマの収穫。

2008年10月13日月曜日 紅菜苔耕運

晴れ 最低10度 最高28度
・発送3件(小松菜、サラダ・ナムル用菜っ葉、金町小かぶ、大根、きゅうり3種、黒田五寸、伏見甘長とうがらし、冬瓜)
・中国野菜の紅菜苔(コウサイタイ)の定植用に畝2本分を管理機で耕運。
・「西表」、残っていたエゴマの収穫。

2008年10月14日火曜日 紅菜苔定植

曇りのち雨 最低11度
・発送1件、野菜村出荷(小松菜、金町小かぶ、尾張大かぶ、長崎赤かぶ、重宝菜、伏見甘長とうがらし、埼玉大青なす、さやいんげん、黒田五寸)
・中国野菜の紅菜苔(コウサイタイ)150株定植。アブラナ科で茎が赤く、菜の花のように花芽と茎を摘取って食べる。収穫は12月予定。

2008年10月15日、16日 夏休み

神戸でお世話になった方のお墓参り、京都河原町で友人の個展、奈良東大寺で松本幸四郎の勧進帳1000回公演鑑賞。時間があったらタキイ河原町店で種を買い、錦市場のかね松で野菜料理定食を食べる。

2008年10月17日金曜日 トンネルに防霜用ビニールをかける

晴れ 最低11度 最高28度
・発送3件(小松菜、重宝菜、大根まびき、金町小かぶ、尾張大かぶ、長崎赤かぶ、きゅうり、なす、伏見甘長とうがらし、とうがん)
・葉菜のうねに霜よけのビニールをかけた。毎日夕方かぶせて、朝気温が高くなったら外す。
・夜8時から10時まで、高根改善センターで有機農業の勉強会。今回は当番だったので秋冬野菜の栽培環境(品種、肥料、資材)について、明野、高根、長坂での状況を聞いた。タキイやサカタのF1品種を栽培している人が多かったのは意外だったが、宅配で確実に発送するためには収量と品質が安定している品種を優先するのは当然のこと、と自分で宅配を始めてみて実感。

2008年10月18日土曜日

晴れ 最低8度 最高26度
・やさい村出荷(小松菜、金町小かぶ、寄居かぶ、伏見甘長とうがらし)
・紅菜苔補植、防虫ネットかけ

2008年10月19日日曜日

晴れ 最低8度 最高28度
・発送なし
・防霜トンネル設置の続き
・タマネギのマルチ用にコイン精米所でもみがらを集める
・近所でアケビの実をとり、皮を刻んで味噌炒めにした。

2008年10月20日月曜日

晴れ 最低8度 最高28度
・発送4件(小松菜、寄居かぶ、尾張大かぶ、長崎赤かぶ、大根葉、きゅうり、伏見甘長とうがらし、さやいんげん、さつまいも、冬瓜)
・「波照間」、育苗トンネルかたづけ。ひまわり種取り。

2008年10月21日火曜日 津金のりんご農家

晴れ 最低9度 最高29度
・やさい村出荷、発送1件(小松菜、春菊、金町小かぶ、尾張大かぶ、長崎赤かぶ、大根葉、埼玉大青なす、いんげん、伏見甘長とうがらし、きゅうり)
・まだきゅうりが収穫できているが、所々カメムシに刺されて茶色くなっているのが6~7割ある。
・津金に清水さんというりんご農家を探しに行ったが、交番がなくJAの支所も閉鎖されて商店もすべて閉まっており、訊ねたくても集落に人がいなかった。清水さんのジョナゴールドは絶品で、提携して宅配に入れたりはね出しを安くわけてもらいたいのだが。

2008年10月22日水曜日 晴れ/曇り 大麦播種の準備

晴れ/曇り 最低11度 最高25度
・発送3件(小松菜、水菜、かぶ、にんじん、きゅうり、いんげん、伏見甘長とうがらし、大根葉、さつまいも)
・さつまいもを植えていた「飛島」で、草の山を燃やし、トマトやかぼちゃを片付けて大麦を播く準備をした。集落の中にあり、近くに民家もあるため盛大に燃やすのは恐ろしく、一部のみ焼いて残りは積んで雑草堆肥にした。
・来年も飛島でさつまいもを作るので、植え付けは除草を機械化するために畝幅90センチ、大麦はさつまいもを植える畝上にばらまきとする。草の種が地表に出るのでトラクターの耕運はしない。畝間にもう一条播くかどうかは思案中。
・種ムギは国が管理しているためJAに注文する。ファイバースノーという倒伏しにくく収量が上がる品種を5キロ注文。

2008年10月23日木曜日 雨 秋冬野菜栽培環境のまとめ

雨 最低13度 最高23度
・発送4件(小松菜、金町小かぶ、韓国の赤かぶ、金沢青かぶ、長崎赤かぶ、源助大根、きゅうり、にんじん、さやいんげん、伏見甘長とうがらし)
・2500円で4~5キロの野菜を送りたいので、1キロ近くある大根などボリュームのある野菜を箱に入れられる時はほっとする。ただ、白菜は3キロ近くなる大きな品種を作付けしたので、箱が白菜で一杯になってしまうかも。最近宅配会社は箱の寸法に厳密で巻き尺片手に集荷に来るから、送料が上がらないようにたくさん入れるのはむずかしい。
・17日の勉強会で明野、高根、長坂の秋冬野菜栽培環境を聞いたので、白菜、大根、かぶ、にんじん、ごぼう、タマネギについて、品種、播種日、肥料、資材を一覧にした。高根、長坂は明野より高度が高いので播種日が早い。どういう品種をいつ播くか、土地によってちがうので、今後新規就農者が来た時に役立つだろう。

金沢青かぶ:かぶら寿しに用いられる
CIMG0218.jpg

韓国の赤かぶ
CIMG0220.jpg


2008年10月24日金曜日 雨 

雨 最低15度 最高18度
・発送2件(小松菜、かつを菜まびき、金町小かぶ、寄居かぶ、韓国の赤かぶ、源助大根、韓国の大根、さやいんげん、にんじん、きゅうり、埼玉大青なす、さつまいも)

北杜市の中でも秘境あるいは隠れ里の趣がある津金で穫れたジョナゴールド。紅玉とゴールデンデリシャスを交配した品種で、他の種類にはない酸味としゃりしゃりした食感がすばらしい。旬は10月。
CIMG0227.jpg

コマツナの白サビ病

「西表」のコマツナに発生した白サビ病。病原はかびの仲間でアブラナ科の野菜を侵し品質を損ねる。
CIMG0223.jpg

日本全国いたるところに分布。
発芽適温は10度前後。
降雨の多い低温の年に発生が多い。多湿環境で起こる。
チッソ質肥料を多用した畑で発生と蔓延が助長されやすい。
ダイコン系、コマツナ系、ナタネ系の3系統あり、ダイコンからコマツナ、コマツナからダイコンへの伝染は行われない。

防ぐためには、密植を避け、通風と採光をはかり、排水を良好にすること。収量を上げるため、播種機で播く種子の量を多めの設定にし、防虫ネットをかけたため、密植で多湿環境になっていた。

コマツナのカッピング症状

葉脈に葉の生長が追いつかず、葉がカップ状になった。カッピング症状という。
高温で乾燥した天気のもとで発生する。
CIMG0222.jpg

2008年10月25日土曜日 曇り

最低13度
・野菜村出荷(小松菜、金町小かぶ)
*山梨ホスピス協会ボランティア講座で、「チーズとうじ虫」という映画を観た。
*冬瓜のスープの下ごしらえ。ゆでて裏ごし、昆布と干しえびのだしで最後にかき玉にする。明日ぶぅふぅうぅ農園の収穫感謝の集まりに持って行く。

2008年10月26日日曜日 曇り時々雨 感謝祭

最低12度 最高22度
・発送1件(白菜、源助大根、小松菜、春菊、いんげん、にんじん、かぶ)
・白菜初収穫。感激。
・ぶぅふぅうぅ農園の収穫祭に白菜6コ提供。合計22.6キロ、平均1コ3.7キロ。種類は金将2号。3.5キロほどに大きく育つ品種。

コンテナに2コずつ収めた白菜計6コ
CIMG0229.jpg

2008年10月27日月曜日 晴れ 大麦播種準備

最低8度 最高21度
・発送3件(白菜、大根、小松菜、大葉春菊、中葉春菊、金町小かぶ、いんげん、にんじん)
・さつまいもの後作で大麦をまく準備。さつまいもの畝幅90~100センチはそのままにして、枯れた草で覆われた表面を浅く削って種がまけるようにした。
山梨の天気

ogasahara

Author:ogasahara

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。