スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年7月1日火曜日

晴れ 最低14度
・ショウガの除草2回目。千葉産のショウガは30センチほどに生長したが、土佐大ショウガは発芽したばかりで草をかきわけて芽を探すのに往生した。
・里芋の草取り。
・午前11時15分、波照間にてサル1頭が桑の木にのぼり実を食べているのを目撃。ロケット花火と爆竹を鳴らし、サルはいなくなった。
*サルショックが尾を引き畑に行きたくない。午後半休にして増富温泉につかりに行った。
*獣害用ロケット花火100本入り購入。製造は中国広西壮族自治区と書いてある。
・ライ麦がそろそろ収穫の時期。
CIMG0103.jpg

スポンサーサイト

2008年7月2日水曜日

晴れ 最低14度 最高34度
・サルは来なかった。農業振興公社が猟友会に依頼し、ロケット花火で茅が岳の方へ追い上げている。
・サル対策を決めた。波照間には山梨長野地方の在来大豆、中千成をまきたいので、畑全体を猿防御柵「猿落君」で囲う。西表はサルが食べると思われる作物をポイントで防御。森側はサルを入りづらくするためテグスでできた防鳥網を敷く。合計87メートル、幅7メートルから21メートル。
・波照間と西表が面している森との境界の見通しをよくするため、草や雑木を刈った。


2008年7月3日木曜日 

曇り 最低17度
・今日はサルは来なかった。
・サルが畑に降りないように、西表の森の側の斜面に3ミリ角テグスのネットを張った。

張る前の斜面
Before: テグスを張る前


張ったあとの斜面。写真では見えづらいが斜面の上まで張ってある。サルの手足の指にうまく引っかかってくれるとよいが。
CIMG0107.jpg


・ごまのまわりの草取り。
・発芽した大納言小豆のまわりの草取り。

2008年7月4日金曜日

雨/濃霧/曇り/晴れ 最低19度 最高34度
・サルにトマトときゅうりの名札と、韓国半白きゅうりをひと株抜かれた。茅が岳に追い上げられたと思っていたが、別の一群の登場か?
・トマト、きゅうり支柱立て。
・草取り:エゴマ、白ごま、小松菜、水菜、にんじん。
*クロとばったり遭った。空腹のようできゅーきゅー鳴かれた。

CIMG0109.jpg

2008年7月5日土曜日

曇り/晴れ 最低19度 最高35度
・サルの新しい足跡があったが、実害はなかった。斜面に敷いたテグス網の効果があったかどうかは不明。
・ルバーブ、トマト(サン・マルツァーノ)、フェンネルたねまき。
・ほとんど発芽しなかったたかきび、あわ、中葉春菊、キンサイ(セロリの原種)、おかのり、ふだんそうの播き直し。
・発芽せず草に覆われた畝6本の表面を管理機「ポチ」で耕運。草があると人力播種機で播種できないため。
・大家さんにバインダー(刈り取りと結束)とハーベスタ(脱穀機)をお借りできることになり、ライ麦の試し刈り。手で刈った昨年にくらべるととても楽。
*ライ麦収穫後の畑への定植を待つエゴマの苗と、日に日に大きくなるえびすかぼちゃ

CIMG0111.jpg

CIMG0114.jpg


2008年7月6日日曜日 ライ麦の刈り取り

曇り/晴れ/雷雨 最低21度 最高35度
・「屋久島」のライ麦をバインダーで刈り取り。
CIMG0116.jpg

・HONDAのバインダー。筋状に生えている米、麦を刈り取って直径10センチぐらいずつ縛っては放ってくれる。
CIMG0115.jpg

・全部で軽トラック2車分。家に持ち帰り日干しにした。草取りをしなかったので、ヨモギ、ヒメジョオン、香菜、オオマツヨイグサも混ざっている。
CIMG0117.jpg

2008年7月7日月曜日

雨/曇り 最低18度
・朝7時に波照間と西表を見回ったところ、隣の耕作していない畑にイノシシの大家族(大小10頭弱)がいるのを目撃。イノシシにここで遭うのははじめて。車の音に反応し猪突猛進で森に各自飛び込み消えていった。サルは大声で威嚇しても「あっそう」という感じで反応せず地団駄を踏んだので、今朝のイノシシの驚きぶりには好感をもった。ただし、サルと同じ位学習能力があるので、安心はできない。
・「猿落君」の材料を購入。総合計68,650円
1反の畑(波照間)、総延長122メートルを囲うための材料として...
サル通せんぼネット:6センチ角、3メートル高、20メートル長、@4800,
7枚、合計33,600円
鉄筋:直径10ミリ、1メートル長、@128円, 64本、合計8,192円
塩化ビニル管:直径13ミリ、4メートル、@358円、合計7,518円
塩化ビニル管を3等分にカットする代金、@50円, 42カット、合計2,100円
ダンポール(グラスファイバーの棒):直径5.5ミリ、2.1メートル長、@88円、126本、合計11,088円
ビニールテープ:19ミリx20メートル、@108円, 合計108円
配線バンド150mm:200本、合計336円
トラロープ:12ミリx 100メートル、12ミリx20メートル、合計3,128円
ロープを地面に固定する金具:6ミリx210ミリ、50本、合計2,580円



2008年7月8日火曜日

雨/曇り 最低18度 最高23度
・猿が落ちる防御柵「猿落君」設置の準備として、ファイバーグラスの棒122本を2本ずつテープで留めた。
・午後3時に畑を見回ったところ、波照間では残っていたじゃがいも1本が抜かれ、西表では遅く発芽した黒豆10本前後が抜かれていた。サルが通った様子。どこから入ってきたのか足跡がないのでわからない。斜面に敷いた防鳥ネットの効果はないのか?
・防鳥ネットの敷き方を変えた。
・小松菜、パクチョイは食べごろの大きさになりつつある。

2008年7月9日水曜日 エゴマ定植

雨ときどき曇り 最低18度
・エゴマ苗をライ麦を刈り取った畑「屋久島」に定植。条間90センチ、株間30センチ。全651コ。10月に実を収穫し、エゴマ油にする。
・今朝も西表の黒豆が数本抜かれたが、すでにもやし状態を脱しているのでサルが食べる豆の部分はなく、抜いて捨て置かれていた。ほかに荒らされたところはない。

2008年7月10日木曜日 こんにゃく定植

曇り 最低17度 最高28度
・同じ町の友人が、自ら増やしたこんにゃくの苗を厚意で28本わけてくださった。西表でサルが降りてくる部分に定植。サルはこんにゃくととうがらしが苦手。
・春菊、水菜、ごま、空心菜など草に日光を遮られている部分の草取り。草の生長が早くて草取りが間に合わない。
・エゴマの苗を植えた屋久島に、落ち葉堆肥で条間マルチ。空いたところにエビスグサをまく。
・朝9時半ごろ、西表で草取りをしている時、波照間の近くの森でサルの声がしたので、ロケット花火で威嚇。
・朝10時半ごろ、西表で作業中、呼び交すサルの声がし、波照間にサルの群れがいるのを発見。ロケット花火で山の方へ追い上げた。全部で7頭ぐらい。網で囲んだブルーベリーのポットを倒し(熟した実はサルが来る前に自分で食べていたので食害はなし)、じゃがいもを食害。
・農業振興公社に通報。5連発の特別なロケット花火弾やぱちんこを使い、職員総出で後日サル追いをしてくれるとのこと。サポートしてくれるようなので、それはそれでありがたい。

2008年7月11日金曜日

曇り時々晴れ 最低19度 最高32度
・昨日サルに倒されたブルーベリー、実をすべて取った。エサにしないため。
・食糧増産のため斜面に植えていたかぼちゃ、オクラがサルのエサになるため、西表に移動。
・春菊、にんじん、トマト、伏見とうがらし、ごまの草取り。
・波照間、大豆播種の準備として鶏糞とぬかを全面散布。現在はえている小麦は明日トラクターですきこみ有機質肥料とする。
・ロケット花火をねらった方向に飛ばすツール、「仁志くん2号」を作成。奈良県鳥獣害対策チームの仁志さんが考案したもの。試運転では思ったように飛ばなかったので調整が必要だが、追い払いの強力な武器となるので期待している。「こわいメガネのおばさん」としてサルに認知されたい。
・畳屋の親分が古畳14枚をトラックで運んでくれた。通路に敷いて雑草を抑え、わらを腐らせて肥料にする。草が勢いよく生えている畑の様子を見て、食べていけるのか、マジで心配してくれた。

2008年7月12日土曜日 小麦のすきこみとライ麦の脱穀

曇り/晴れ 最低18度、最高37度
・波照間、生えていたコムギを鶏糞、ぬかとともにトラクターですきこみ。次にまく大豆の肥料にする。
・1週間納屋で干していたライ麦をハーベスタで脱穀。昨年は手で脱穀するのに1日がかりだったが機械だと1時間で終わってしまった。玄麦で推計25キロぐらい。

2008年7月13日日曜日 猿落君設置

晴れ 最低18度 最高34度
・波照間の外周に猿の侵入を防止する柵「猿落君」を設置。友人が手伝ってくれた。手順としては:
- φ10mm、1mの鉄筋を2メートル間隔で地中50センチに打ち込む。
- φ13mm、1.2mの塩ビ管を鉄筋にかぶせる。
- φ5.5mm、2.1mのダンポール2本をテープで留め、塩ビ管に入れる。
- 2000デニール、6センチ角、20mの猿落君専用テグス網「サル通せんぼネット」をダンポールの先にはさみこむ。
- ダンポールと塩ビ管、ネットをビニタイで固定する。

2008年7月14日月曜日 草取り

曇り一時雨、晴れ 最低17度 最高34度
・1週間以上手当てしていなかったため、ごま、枝豆、なすが草に埋もれた「飛島」の草取り。昨日の「猿落君」設置に続き友人K嬢大活躍。
・サツマイモとごまが共栄関係にあるということで畝を交互にしたが、サツマイモ90センチ、ゴマ60センチの畝幅が狭く除草作業がやりづらかった。
・雑草抑制のために畝と平行に藁を敷いたが、除草作業のやりやすさを考えると畝と直角の方がよかった。
。虫除けネットのついた帽子を着用したがアブ数匹に顔を攻撃され、右頬とまぶたが腫れた。
・「波照間」、猿落君ネットのつなぎあわせと周辺の草刈り。
・「西表」、草に埋もれたエンサイ(空心菜)、春菊、陸稲の草取り。

2008年7月15日火曜日

晴れ 最低17度 最高34度
・昨日に引き続き、朝一番で草に埋もれた「飛島」のごまを発掘。早朝はぶよが活発で、さらに目の下を食われ、試合が終わったプロボクサーの顔になった。
・「波照間」を囲んだ柵のすそにトラロープを置き、金属のストッパーでローブと網を地面に固定。これで猿落君の設置は終了。

CIMG0124.jpg

・草に埋もれた大納言小豆の草取り。
・蒸し暑く、日差しも突き刺すようで根気が続かない1日だった。
*ロケット花火を狙った方向に飛ばす「仁志くん2号」の全体像。本体の上にあるのはロケット花火、下は着火マン。

CIMG0119.jpg

内筒の切り込みに花火の導火線をセットし、点火したらすぐに上の外筒に内筒をおさめ、打ちたい方向に筒の先を向けるとロケット花火が飛んで行く。

CIMG0121.jpg

*20年使った洗濯機が今日こわれたので、韮崎の家電量販店ノジマで5キロの新品を購入。山梨では一家に一台軽トラがあるせいか、大物家電でも自分で持ち帰るのが常識らしく、配達だと4~5日先になるとのこと。無理して自力で持ち帰ったところ、日頃の農作業で腹筋背筋が鍛えられたせいか、難なく設置場所に運ぶことができておどろいた。

2008年7月16日水曜日 

晴れ 最低20度 最高34度
・「西表」、埋もれた大納言小豆の草取りの続き。まだ終わらずあと2時間は必要。
・畑のまわりに伸びた草を大鎌で刈る。視認性をよくするため。
・午後、有機農業の先輩の田んぼと畑の見学会。牛糞をがっつり施された作物は見栄えがいい。

2008年7月17日木曜日

曇り 最低20度 最高37度
・東京へ営業に行った。

2008年7月18日金曜日

雨/曇り 最低21度
・雨で作業休み。
・夕方、伏見唐辛子、エゴマ、こんにゃくの草取り。ひざ丈ぐらいまで伸びた草は踏んで倒し、作物に日があたるようにした。

2008年7月19日土曜日

晴れ 最低19度 最高39度
・伸びたトマトの枝を支柱に留める。実がついてきた。雨にあたっても皮がはじけない品種を探すため、ワシントンチェリー、ロシアンプラム、ポンデローザ、イタリアントマトビーローマVFを植えている。ポンデローザは戦前から長い間つくられた伝統的な品種。
・なすの支柱設置。苗40本分。
・空心菜(エンサイ)、草取り。30センチほどに育ってきた。
・「西表」のまわりの草刈り。大鎌で。
・抜いた草にぬかを振っておく。その場で堆肥となる。
・寄居かぶ、小松菜、大葉しゅんぎく収穫。冬の寒さにあたった葉ものの味にはおよばないが、食べられる。

西表から見た朝の南アルプス
CIMG0126.jpg

夕暮れ
CIMG0127.jpg

2008年7月20日日曜日 なすの定植

晴れ 最低21度
・なすの定植。全部で96本。72本黒帝、24本埼玉青大丸なす。田舎暮らしを始めた管理人の新生活の様子を見に来て野良仕事をすることになってしまったTさん、Hさんの助けにより、支柱設置、松葉堆肥、鶏糞、ぬかの施肥と水やり、稲わら敷きまで、半日で終えることができた。

定植終わったなすの畝
CIMG0130.jpg


2008年7月21日月曜日 きゅうり初収穫

曇り/晴れ 最低21度 最高34度
・収穫開始:地這いきゅうり、韓国半白きゅうり
・草取り:にんじん、さつまいも、春菊

始めて苗からつくったきゅうりの初収穫。右上が韓国半白きゅうり。
CIMG0129.jpg

2008年7月22日火曜日

曇り/晴れ 最低22度 最高35度
・かぼちゃ(白九重栗、冬至ほか全24コ)、きゅうり(加賀太、相模半白節成、大和三尺で合計24コ)の苗用たねまき。
・草取り(さつまいも、いんげん、伏見とうがらし、オクラ)
・鶏糞追肥(いんげん、伏見とうがらし、オクラ)
・きゅうり収穫。
・中国野菜サイシン、収穫。
・雨が降らないため、定植したなすにホースで水やり。8月も雨が降らないようなので、西表用にホース30メートル購入。10センチ28円、合計8,400円。

ドッグラン

畑のまわりにドッグランコースを設ける。(田村さんのアイデア)。

2008年7月23日水曜日

曇り/晴れ 最低22度 最高36度
・伏見唐辛子に鶏糞追肥。ライ麦の麦わらを根元に敷く。
・水やり:なす、枝豆、伏見唐辛子、ブルーベリー、トマト苗、ルバーブ苗
・きゅうり、春菊収穫

2008年7月24日木曜日

曇り/晴れ 最低22度 最高37度
・「波照間」、大豆播種用に松葉堆肥を散布。早朝でも暑さでペースが上がらず全体の五分の一。
・「西表」、さつまいも、ごまの草取り。
・水やり:なす、ブルーベリー、ポット苗(きゅうり、かぼちゃ、ルバーブ、トマト)
・きゅうり、いんげん収穫。
・さつまいも、サル対策として防鳥ネットをかぶせる。

台湾風きゅうりの浅漬け

漬け物の本に載っていたメニュー。穫り忘れて大きくなったキュウリをまとめて調理できるのと、おいしかったので紹介します。
・きゅうりを乱切り、半分に切ってから四つ割りなどに切る。大きめの方が食感がよい。
・塩をふって2~3時間置く。
・水気をきり、塩、ねぎのみじん切り、ショウガのみじん切り、唐辛子あるいはこしょう、酢で適宜調味する。きゅうり4~5本に酢は小さじ1杯くらい。
・熱したごま油をまわしかけ、冷蔵庫で保存。

2008年7月25日金曜日

曇り/晴れ 最低22度
・水やり:なす、にんじん、さつまいも、ブルーベリー、苗(トマト、ルバーブ、きゅうり、かぼちゃ)
・波照間、松葉堆肥散布のつづき
・収穫:きゅうり、いんげん、菜心、小松菜、春菊
・草取り:陸稲、おかのり、オクラ
・22日にまいたかぼちゃときゅうりが発芽。

2008年7月26日土曜日

曇り/晴れ、夜雷雨 最低22度 最高40度
・ブロッコリ(ハイツSP)、秋収穫用にペーパーポット128コ用1枚にたねまき。これから8月末にかけて間をあけて数回播いては定植する。
・「西表」、さつまいもとえだまめ、サルの食害を防ぐために防鳥ネットでトンネル。さつまいも:5.4メートルx30メートルのネットを2本。えだまめ:3.6メートルx30メートルのネットを2本。各編目3センチ角。
・収穫:地這いきゅうり、いんげん、中葉春菊、大葉春菊、菜心、小松菜。
・水やり:ブルーベリー、ポット苗、なす。
*「西表」の隣に廃材のチップを敷きにきた解体屋さんと知り合う。生木のチップが出た時はわけてくれるように頼む。よい堆肥になるため。

2008年7月27日日曜日

曇り時々雨、夕方台風のように激しい風雨と雷 最低22度 最高36度
・遊びに来たNさん夫婦がエゴマ、トマト、エビスグサの草をとってくれた。
・空心菜草取り。
・収穫:きゅうり、いんげん、春菊、小松菜、菜心、おかのり

2008年7月28日月曜日

晴れ、一時激しい雷雨、のち晴れ、最低18度
・昨夕のとても激しい雷雨のおかげで今日は水やり不要。冬のようにはっきりと見えた今朝の南アルプスの眺め。

CIMG0131.jpg

・Nさんのヘルプでにんじんの草取りと間引き。春菊、空心菜の草取り。
・その後激しい雷と豪雨。蕁麻疹も出たのでそれを理由に今日は休みにした。秋冬野菜のたねまき計画を立てた。

山梨の天気

ogasahara

Author:ogasahara

リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。